FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人づくり勉強会

昨日は、人づくり勉強会

今月は、お客様第一主義を「スーパーの女・伊丹十三監督」のビデオを見て学びました。
私も、今回ビデオを見るのは二回目です。
単純に、映画を楽しむ事もよいですが勉強会ですから皆にお願いした事があります。
自分や自社に置き換えて見てください。
まさしく、この映画はお客様本位で考え、企業のあり方、方針を決め実践していくドラマである。
主人公の、花子さんがスーパーそのものの本質と価値を、ものの見事に語り表現しいた。
最悪のESもCSも低いスーパーから、日本一のお客様の立場にたって考えるスーパーを目指し従来の風習や仕組みをどんどんぶっ潰しお客様満足と従業員の遣り甲斐生きがいを感じながら働けるスーパーに変えていっく命がけの勝負。負けて悔いなし、やるべき事を全力で全て出し切る姿
、知らぬまに主人公やそのスーパーの経営者と自分は、同化していました。
安売りの日本一を目指している競合店が、近隣に出来このままでは間違いなく潰れていたスーパーが、最後には大繁盛店になり競合店は閑古鳥が鳴く姿で、エンディングを迎えハッピーエンドであった。

当社も、日本一の愛と感動のビルメンテナンスを目指しているのでサービス業として内容の殆どが理解でき感動しました。
勉強会参加者も、同じ気持ちをもって感じてくれたようです。
当社の勉強会は、最後に全員感想を一分間にまとめてスピーチするのですが、回を重ねるごとに少しずつ成長している社員を見れて嬉しく思う。
自分たちの取り組みを、しっかり理解して自分に置き換えて話す社員、現場で実践していくことを踏まえ話している社員にエールを送りたい。
スポンサーサイト


  1. 2007/02/02(金) 14:30:22|
  2. 人事・組織・教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellcorporation.blog72.fc2.com/tb.php/63-d3a40366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。