スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「雪絵ちゃん」のお話と朝の唱詩

親愛なる皆様

近年にない厳しい寒さが続いております。
その様な中、皆様におかれましては日々ご尽力を賜り誠にありがとうございます。
全社員にそしてお客様に、心より感謝申し上げます。

さて、昨年11月号に山本加津子さんのお話された「きいちゃん」をご紹介しました。
多くの方から、感動したと反響を頂きました。

私たちが持ち合わせている「やさしい気持ち」
人と人が、関わり合いながら生きていく事の素晴らしさ、またその思いなどを共に感じ
合えればと思います。

これから、山本加津子さんのお話された事を数回に分けてご紹介していきます。

今回は、「雪絵ちゃん」のお話

(ここから)
  私が雪絵ちゃんに初めてあったのは、腎臓の病気や喘息などの慢性の病気の子供たちが通う、病院のそばの養護学校に私が勤務していたときでし た。

雪絵ちゃんは、病気で熱が出ると、その後、目がみえにくくなったり、(ときには殆ど見えなくなったり)、手、足が動きにくくなったりする病気で 入院していました。正式な病名は「多発性硬化症」(通称MSと言います)

発熱の後、2ヶ月ほどのリハビリで症状は少しずつ軽くなるのですが、発熱前とまったく同じように回復するのはむずかしく、今は、何回かの発熱で 視力が落ちたり、緑と赤の区別がむつかしくなったり、杖が必要になったりしています。

私はその発熱のたびにただおろおろして、何もできずにいるのですが、いつも雪絵ちゃんは自分の力でその発熱を乗り越えます。

回復するだろうことはわかっていても、目の前が暗くなったり、手や足に力がはいらなくなったら、どんなに不安で恐い思いをすることでしょう。で も雪絵ちゃんはそのたびに、たとえ一度は落ち込むことがあってもいつも必ず自分の力でたちあがるのです。

そんな雪絵ちゃんのエッセイを紹介したいと思います。

「ありがとう」

私決めていることがあるの。
この目が物をうつさなくなったら目に、そしてこの足が動かなくなったら、足に「ありがとう」って言おうって決めているの。
今までみえにくい目が 一生懸命見よう、見ようとしてくれて、私を喜ばせてくれたんだもん。

いっぱいいろんな物素敵な物を見せてくれた。夜の道も暗いのにがんばってくれた。

足もそう。私のために信じられないほど歩いてくれた。一緒にいっぱいいろんなところへ行った。私を一日でも長く、喜ばせようとして目も足もがん ばってくれた。


なのに、見えなくなったり、歩けなくなったとき「なんで動かないのよー」なんて言ってはあんまりだと思う。今まで弱い弱い目、足がどれだけ私を 強く強くしてくれたか。

だからちゃんと「ありがとう」って言うの。大好きな目、足だからこんなに弱いけど大好きだから「ありがとう。もういいよ。休もうね」って言って あげるの。多分誰よりもうーんと疲れていると思うので・・・。

でもちょっと意地悪な雪絵はまだまだ元気な目と足に「もういいよ」とは絶対に言ってあげないの。

だってみたい物、行きたいところいっぱいあるんだもん。遠い遠い未来のお話でした。

雪絵

雪絵ちゃんは教えてくれます。どんな病気を持っていても、どんな障害を持っていても、「私は私なんだ。私は私として生まれて私として生きて行く んだ」ということの大切さを。

そして病気の自分自身を、病気であるからこそ、もっと愛し、大切にしていて、「どんな体になっても、歩けず、見えず、手を使えず、話せなくて も、MSの自分を愛していくと思います」と言い切る雪絵ちゃんの美しさが素敵で素晴らしくて。

私はこの気持ちを伝えて行こうと思います。

山元 加津子 さん 石川県養護学校教諭
________________________________________
愛称は、かっこちゃん、かっこさん。
石川県明和養護学校教諭で、障害を持った子どもたちと、教師と生徒という関係ではなく、
かけがえのない一人の友達としてふれあいを続けておられます。

(ここまで)
私は、このお話を聞いて心ふるえました。
大切な事を、改めて学ばせて頂きました。
生かされている事に感謝し、こころを強くし、人にやさしく優しく生きれるように日々精進してまいりたいと思います。
朝夕の寒さごとに厳しい時、くれぐれもおからだを大切になさってください
そして、大切なお客様に感動のサービスを提供して頂けますようによろしくお願い致します。

朝起きた時の唱詩  毎日、自身に繰り返し刷り込んで下さい。

私は今日一日を
出来る限り楽しく生きよう。

家庭、仕事、運命には
自分の方から適応していこう。
世界を自分の都合だけで変えようとすまい。
ただ自分に与えられているものだけを
喜び、感謝して味わうことにしよう。

他人を、批判するまえに
他人の欠点や失敗を忘れよう。
他人の良いところを見つけ出し
それをほめてあげよう。

今日一日が本当に楽しいものになる。


 
スポンサーサイト


  1. 2012/03/03(土) 13:16:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellcorporation.blog72.fc2.com/tb.php/153-43b8285e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。