スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君が働く理由  (著者 福島正伸)

先日、福島正伸先生のメンターリングマネジメント研修を東京で開催してきました。
大反響でした。
来年は、大阪で開催したいと考えています。

わたしは、福島正伸さんが出版されている本はほとんど読んでいます。

最近の出版された本、「夢を叶える」は不可能を可能にする考え方の本でお勧めです。

昨年出版された本「理想の会社」は、これぞベルが目指している姿と感じるほどの内容でした。
また同年出版された「君が働く理由」が有ります。
つい最近、働く理由について若者と話す機会がありましたので、この話題を取り上げようと考えました。

目次を読むだけでも、凄いです。
下記、ご覧ください。

一.毎日仕事をしながら、感動して泣くことが私の目標です。
  あまり格好いい話ではないのですけれどもね。
  そういうふうに生きられたら、
  一番幸せではないかなと思っています。

二.1年間で、私は180人にお会いしました。
  人生というか、生き方というか、
  すべでがそこで決まったといってもいいのです。

三.やると決めて前向きに物事を考えるようにしたら、
  まわりの人の中傷や批判が
  アドバイスにしか聞こえなくなってしまったのです。
  やめないのですから、
  私に何を言おうがアドバイスでしかないのです。

四.やると決めたら、
  どうしたら実現できるかだけを考えればいいのです。
  それ以外のことを考えても、無意味です。

五.日本では、多くの人が他人と比較して
  幸せか不幸かを決めているのです。

六.自分の人生は自分でつくって、
  自分がどう考えるかでどんなときにも幸せになれるし、
  どんなことも可能になる。
  そういう考え方を、「自立型の姿勢」と呼んでいます。

七.私には夢がありませんでした。
  夢がなくて、
  何がしたいのかずっとわからなかったときに、
  夢を教えてくれた人がいたのです。

八.お父さんが、
  「今日も仕事が楽しかったな。
  明日、仕事にいけると思うと、興奮しちゃうな」
  と言うと、子どもさんは勉強し始めるのです。

九.仕事というのは、そこにどういう意味があるのか、
  何のためにやっているかということを忘れると、
  すごくつまらなくなってしまうのです。

十.何のために働くのか。何のために生きているのか。
  それを思い出す習慣をつける。それが大切です。


十一.朝起きて人を励ますと、自分が元気になります。
   朝会社に行ったら、まず元気のない人を探しましょう。
   そして、その人を励ますのです。

十二.大事なことは、自分に原因を探すということです。
   人のせいにするのは簡単ですが、
   人のせいにしていると、改善できないことが増えていくのです。

十三.あきらめることは、自分にしかできません。
   自分があきらめた瞬間が終わりです。
   あきらめない限り、人生には成功しかないのです。

十四.まず「相手のために何ができるか」から考えていく。
   そうすると、相手の関係がとてもよくなります。
   そうやって信頼関係が生まれるのです。

十五.家庭や職場でこそ、見本になりましょう。

十六.難病で苦しいであろう、その子が笑顔だったのです。
   「こんなにつらいのに、どうして笑顔でいられるの」
   と聞いたら
   お母さんのためだと教えてくれました。

十七.最初は就職に失敗しても、人生に成功する人が多いのです。

十八.何をしていいかわからない人は、何をしてもいいのです。

十九.自分らしく働けるか、
   働く場に自分の存在価値を感じられるか。
   その2つが、
   若者が心から望んで働くためのキーワードになります。

二十.世の中の価値観は、ドンドン変わります。
   ですから、大事な価値観というものは、
   自分の中になければならないのです。

二一.世の中がこうだといっていることと、
   本当に求められていることとは、違うところがあります。
   本当に望んでいることに焦点を当てると、
   世の中は、一気に動いていくのです。

二二.悩んだときはどうしたらいいかといったら、
   私は人に会うことだと思います。
   特に自分が目指している人に会うことです。

二三.働くということは、自分の存在証明だと私は思います。
   それは、他人との関係の中でできてくると思うのです。

二四.仕事については、能力より適性が優先し、
   適性よりも好き嫌いが優先すると思います。

二五.人を変えようとするよりも、
   そばで輝いて生きるほうが、いいのです。


どうですか、この目次を読むだけで数多くの「気付き」を得られると思います。
全ては自分が源泉です。
物事の受け止め方を変え、プラスし受信して行動に移せばいいのです。
そうすれば、出来る理由しかないのですね。
ぜひ、お勧めする一冊です。
スポンサーサイト


  1. 2010/08/03(火) 18:04:21|
  2. 気付き・学び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

素晴らしい!

1年前に結婚をして、遠方に嫁いだので仕事は退社。
周りはどんどん結婚し出産していきますが、うちには子供もまだ授からず
社会から離れた自分に自信を無くし、職場の愚痴をこぼす主人が羨ましいく見えたり
はたまた不安に思ったりの繰り返しの中体調を崩して悪循環...

子供が出来ては出産していく周りの友人が羨ましい上に家庭それぞれの価値観の違いに
戸惑い悩んでおりましたが...

ちょっと視点を変えたら見えてくる幸せもあるんだと、気がつきました。
自分の為だけでなく、パートナーとして私を選んでくれた主人を
まずは笑顔に幸せにしてみようと思います。


この本も私はもちろんのこと、仕事に悩む26歳の主人にも読んでもらいたいと思います。


奥社長のこのブログに出逢えた事に、感謝します!
  1. 2010/10/19(火) 20:07:12 |
  2. URL |
  3. CoCo #FoGoijMs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellcorporation.blog72.fc2.com/tb.php/133-f84fba44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。