スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宴会の締め方

親愛なる皆様

晩秋の頃、皆さまにはお変わりございませんか。
いつもご尽力を、賜り有難うございます。

今回は、様々な宴会での締め方を書きます。
良く間違うのが、一本締めのやり方と万歳を降参三唱と行う事です。

三本締めのやり方
① 音頭を取る人:「それでは皆様、三本締めで締めさせていただきます。お手を拝借。
いょーお」
② 全員で3,3,3.1の手打ちを3回行う。
③ 音頭を取る人:「ありがとうこざいました」
④ 全員拍手

一本締めのやり方
一本締めは3,3,3,1の手打ちを1回だけ行います。
※「いよ一お」で手を1回だけ叩くのは、正式には一丁締めと言います。
 殆ど間違った一本締めを行っていると感じています。

万歳三唱のやり方
おめでたい席や、繁栄や発展を祈る式典などで行われます。
① 音頭を取る人:「それでは皆様、ご唱和をお願いします。万歳!」
身体の脇に降ろしていた両手を、伸ばしたまま上にあげる
② 合図のあと、全員で「万歳」と声を発し、 
③ 音頭を取った人と同じく両手をあげる。
④ これを3回繰り返す。
※手のひらを、前に向けて上げる方がおられますが、これは降参です。
以上です。 終わり良ければ全てよし!参考になりましたでしょうか。

さて前号に引き続き、当社企業経営用語をお伝えします。

17.役割分担
本来、企業の生産性を向上させるための一つの有効な手段として考え出されたものだが、自分の役割をこなすことだけが目的化してしまい、他人や他部署が困っていることがあっても支援しない風潮が広まり、結果として企業の生産性を落とす原因の一つとなっている。役割分担はシステムであり、意識が分担されてはならない。

18.役割認識
今自分が何をすべきかを自発的に考え、行動すること。役割は分担したとしても、それはシステム上の役割にすぎない。他の役割を狙っている人が困っているのであれば支援するのが当然と考えること。
人間がロボットと違うのはこの役割認識ができるかどうかである。与えられたことをただこなすのであれば、人間はロボットに勝ることはできない。
人間らしく仕事をするということは、自分で役割を考え自分から行動することである。

当社【Gold  Standard】と福島正伸先生の経営用語


スポンサーサイト
  1. 2011/10/22(土) 18:52:41|
  2. 今日もお元気様です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。