スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鼓童ワン・アース・ツアー2011

皆様お変わりございませんか。
いつも、ご愛顧、ご支援ご鞭撻を賜り誠に有難うございます。
暑さ寒さも彼岸までと、本当に良くいったものです。
一気に秋が深まりましたね、過ごしやすくなりますが朝晩の冷え込みで体調を崩さないように、くれぐれもご自愛ください。

樫本師匠からのご縁で、鼓童ワン・アース・ツアー2011に行ってきました。
「鼓童」とは、佐渡島から太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団です。
人間にとって基本的なリズムである心臓の鼓動から音(おん)をとった名前で、大太鼓の響きが母親の胎内で聞いた最初の音をイメージ。そして「童(わらべ)」の文字には、子どものように何ものにもとらわれることなく無心に太鼓を叩いていきたいという願いが込められているのです。

ひたすら肉体を躍動させ、叩き、踊り、奏でる舞台は、身体と魂に響き渡りました。
大太鼓を叩いている様子は、超人的なもので鍛錬のたまもの大太鼓から、あの見事な音を出すには、どれぐらいのパワーが必要か、叩いた事のない人でも尋常ではない事が想像できます。

しかも、心臓より高い位置に手を上げて目にもとまらないスピードで撥(バチ)で太鼓をたたき続ける、一つひとつの動きに身体全霊、魂を込めて叩いている、「もういいよ、そこまでするのか」と心の底から声をかけたくなる位長時間叩き続けているその姿は、見ている人に言葉で表せない感動と勇気を与えてくれました。

入口に貼られていたポスターに「いのちもやして、たたけよ」と書かれていました。
太鼓をたたいている姿は、正に命燃やして叩いていると伝わってきて、知らぬ間に感動の涙が自然に出てきました。本当に素晴らしい舞台でした。

私たちも、人生の舞台に立っているわけで、たった一度の人生です。
生き方働き方が、自分に、そして見ている人に感動を与えれるよう成りたいと改めて決意いたしました。


スポンサーサイト
  1. 2011/09/24(土) 14:44:43|
  2. 気付き・学び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。