スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

産業カウンセラー講座

愛と感動の人間性尊重経営を深める為に、現在産業カウンセラー養成講座を受講しています。

私の座右の銘になっている一つで、「他人と過去は変えれません。変えれるのは、自分と未来です。」があります。
この講座を受講して、まさしくその通りだと感じる事が多々あります。その事については、おいおいお伝えする事として、
カウンセリングを、身の上相談及びコンサルティング等と比較してその特徴について書かせて頂きます。
理解する程、自分で解決できない問題を抱えている方は、カウンセリングをお受けする事をお勧めします。

さて、カウンセリングも日常会話も対話であり、対話には浄化効果があります。
しかし、カウンセリングは、日常会話と違い心理学的理論に基づいた予測性を持っています。
「相談」というと、相談を持ちかけてきた人に教えると言うニュアンスが含まれますね。
そんな事から相談の回答者は、自分の社会的経験や価値観で指示を与えたり、叱咤激励をおこなったりします。
しかし、カウンセリングでは、人からの指示や叱咤激励ではなく、本人自身が自ら選び、自分の力で解決していくように
支えるのです。
「教える」という事も良い事だと進めていません。
「誰か悩んでいる人の為になる」事が第一になってはいるのですが、常識的な「何かをすること」が
中心には成っていません。
なぜなら、「教える」という事が、本人にとって、どんな意味があるのか、必ずとして本人にとって良い事だとは
言えないからです。
教える事による解決は、カウンセラー自身が楽になる事であり、相談者の為ではないと言う事。
特に、この部分は私にとって大きな気づきでした。
相談者が、本当に解決できない問題を、カウンセラーが一緒に悩んで行く覚悟が必要であると言う事ですね。
「コンサルティング」は、問題解決の為の専門家による援助行為であり、専門知識による情報の提供であります。カウンセリングでは、情報提供も行いますがあくまでも相談者の自主的に問題を解決する事に力点をおくのです。

カウンセリングとは、対話しながら本人が自己理解し、自己解決する事が出来るように人間的成長への援助を中心に、豊かな社会生活の実現への援助、生涯において遭遇する諸問題の予防と解決の為の援助を行うことである
のです。産業カウンセラ―としての、身につけるべき知識、能力は多岐にわたり、職場をめぐる労働関連諸法規、人事管理、産業組織心理学等も学習範囲になっています。働く人の多様な問題に対処できるように、シッカリ学び身につけたいと思います。


スポンサーサイト
  1. 2011/05/30(月) 07:57:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弊社全社員大会-経営方針発表会-

4月16日に、弊社全社員大会-経営方針発表会-を行いました。
お話した内容の一部を、抜粋してお伝えします。

同志やお客様をご参加いただき行う経営発表会も、早いもので5回目となりました。
お陰さまで、本社スタッフのメンバーも回を追うごとに成長してくれました。
リーダーを中心に各々が主体的に行動し助け合いながら運営している姿は、
見ているだけで逞しくなってきたと嬉しく感じる瞬間でもあり、社員たちと
一体感を感じ、良い会社になったと感じます。
良い会社=良い社員 良いお客様=良い社員 この方程式を心底感じる事が出来ています。

信頼できる社員と皆様が、居てくれるからビジョンは必ず実現できると信じています。
ミッションを果たしていくには、数々の試練があるでしょうから執念を持って挑戦し続けましょう。
経営方針でお伝えした内容を部分になりますが、集約して書かして頂きます。
                      
当社の独自性は、会社を人生道場と捉え戦略は、組織文化と人づくりとしているところです。そのプロセスは、 社内プロジェクト活動であり、大家族経営を行っている事です。
だから、家族的組織を作りしている事から採用に重点を置き、採用のレベルアップ図っています。

ミッション  和を大切に、人も建物も明るく元気にする
夢      日本一の感動企業になる
目標     2015年 国家品質賞といわれる「日本経営品質賞受賞」

将来ビジョン
1. ソリューションビジネスである
   日本鳩対策センターを、鳩害対策工事のネットワーク日本一の組織にする。
    お客様が、日本で一番安心して発注出来る鳩害対策センターを、今期確立する。

2.社会貢献型ビジネスの構築
    社会貢献型ビジネスモデルを構築する
    しょうがいをお持ちの方が、安心して働け、自立出来る仕組みを作り
    お客様と共に、社会貢献を行うビジネスモデルを実現する

3. 2015年に、日本経営品質賞の受賞をする
    社内から国際化、海外就労者の採用がスタートし、国内から、国際化を図る。
    国内最高の品質から世界一の品質を作りだしていく


商品・サービス・.お客様に関する方針
1)「感動のサービス」を提供してください、そして一生涯お付き合い頂ける関係を作ります。
 
  感動サービスとは・・・・ サービスの語源は、ラテン語の奴隷という言葉から来ていてその語源の通り、
  サービスを受ける立場と提供する立場の、主従関係がはっきりしています。
  お客様の為に気を配って尽くすという意味がありますが この場合も相手に奉仕するといった意味合いが強いようです 
  そんな事から、サービスは見返りを求めて行う行為になりますね。

   例としては、お金のために行う、その行為に自己が満足する。 
   自分が基準、  『こんな事も、あんな事も遣ってあげた』

   当社の言う感動のサービスは、真反対です。

  相手に見返りを求めて行う事ではなく お互いにしあわせを感じあう行為としています。
   お客様を思い、思いやりのある行動や言葉を使う。 語源は、造語ですが「喜労者」です。
   主従関係ではなく、相手の立場に立ち、自ら行う。自分も、相手も幸せになる労働  
  
   自ら、思いやりを持って働く、結果としてお金が付いてくる。
   満足観は、 お客様も、私も お互いが満足。
   
   お客様の心が基準になってこそ、出来るサービス。
  『お客様に、何が出来るか役立てるか?』   お客様が、本当に喜んでくれたかな・・?
 
2)売り込む営業はしない
お客様のお役に立つ事を、問題を改善、解決できるプロとしての提案を行う
  お客様にとって、一番良いと思う事をやり続ける、人間的お付き合いをしてください。
情報を、本社にあげてください。些細な事も、大切な情報と考えます。

3) 自分自身、会社のブランドです。お客様が、応援したくなる人間(社員)なって下さい。

4)クレームを、ラッキーコールとして捉えます。
 悪い事は、直ぐに報告ください。最重要事項とし捉え、行動します。結果として、より以上の信頼を頂けるように全力を
 尽くします。起きた事は、直ぐに報告ください。
  24時間、365日受け付けます。


2. 商品・サービス
働く人が、最高の商品 自分がお客様なら、自分にしか仕事を頼まないと言えるぐらいの心を込めた仕事を
   行ってください
   自分自身が、お客様です。

3.やらない競争 社内間競争 競争相手は、昨日の自分です。
 お互いを支援し合う環境作りを作りましょう。

  今後とも、ご支援ご指導ご鞭撻の程何卒よろしくお願い致します。




  1. 2011/05/17(火) 08:19:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。