スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東日本大地震 このな時こそ、冷静に対応する事が大切です。

謹んで東日本大地震による災害のお見舞いを申しあげます。
この度の地震により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申しあげます。
そして一日も早い復旧と、皆さまのご健康を心からお祈り申しあげます。

こんな時、家族や友人と連絡がとれてホッとしたものの、被災地から離れた場所で
ニュースを見て無力感を感じたり、心配で気が気でない人、テレビの報道に張り付いている人、
「いますぐ何かできることがしたい」と焦っている人も多いのではないでしょうか。

私も同様なのですが、阪神淡路大震災時に学んだ事を振り返ると、焦って行動すると
善意が無駄どころか、大きな迷惑になると言う事です。

大災害の状況を見守るしかないという事をもどかしく感じても、むやみに行動すると
自衛隊、警察や消防、医師や災害救助のプロなどの、人の命を救うことができる人たちの邪魔になります。

自分のやっている事が、本当に「役立つ事に成っているのか」良く考え行動する事が
私たちの出来る事です。

遣ってはならない事

1.むやみに電話をかけない
電話回線を混雑させない  本当に必要な人を困らせている

2.むやみに、被災地に向かわない 
交通(道や鉄道)を混雑させる  受け入れ態勢が整っていない、迷惑をかけに行くだけになる

3.むやみに物を買い込まない 
人が不安になるような行為が、連鎖を招き 結果的に皆の迷惑になる、
特に被災地の人に迷惑をかける行為に成ってします。

4.むやみに救援物資を送ろうとしない  
輸送経路も確保できていないのに、物資を送る事が、どれだけ現地での対応を
困らせるのか考える必要があります
問い合わせも、大きな迷惑です。


こんな時こそ、行政や支援団体からの指示に従い冷静対応する事が最も大切だと考えます。

当社でも、時期を見て出来る事を行います。
義援金もその一つですが、他にも何かと発生すると考えています。
正しい情報に基づき、状況判断し適切な時期に適切な行動を起こしましょう。


スポンサーサイト
  1. 2011/03/14(月) 18:38:47|
  2. こだわり・信条・経営理念
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全てが繋がり、ワクワクする将来ビジョンが、見えました。

最近読んだ本で、"日本人の成功法則"があり、尊敬する渡部昇一さんと神田さんの対談形式に成っていて、内容には非常に共感しました。
そんな事から、先月ジャンプスタートサクセスセミナー2011 with 全脳思考経営計画に参加しました。主催者の、代表は神田昌典さんです。
神田昌典さんは、外務省経済局勤務ののち、経営コンサルティング会社、米国家電メーカーワールプール日本代表を経て、現職アルマクリエイションズ株式会社代表。
『GQ JAPAN』誌で、日本のトップマーケッターに選出される。

感情マーケティング、スター戦略構築法、PASONAの法則、桃太郎マネジメント理論、春夏秋冬理論、全脳思考モデルなどのさまざまな経営ツールを
体系化。フォトリーディング、マインドマップを日本で普及させた方です。

講和としては、過去の経済の流れから、ここ近年の流れ、そして未来予想。

海外(特にアジア)進出できないならば、国内で最高品質を見出すしかない。
この品質を作りだせれば、国内はもとより海外に必要とされる世界品質に成るという事。
この内容は、自らの予想の裏付けにもなりまた、自社の未来像を構想に大変参考に成りました。

今までの行ってきた事の延長線です。これを日本最高品質にし、目指すは世界一品質にする。これならできると、確信しました。

また時流でいえば、これからの市場に好感度の高い企業は、社会に役立つ優しさを感じる企業だと言われていました。
全く当社の目指している経営そのものです。

お客さまに愛され、称賛される国内で最高の品質を作りだす人づくりと仕組み作りだす。
企業風土作りが、当社戦略の一つですから、一貫性のあるブランディングが必要です。
当社が、会社として最高の品質に成るということは、多くの人を幸せにする事に繋がります。
簡単ではないから、知恵とチームワーク、ネットワークを最大に活かし実現して参りたいと考えます。
必ず出来ます。

また、情報の発信方法を、変わっていますね。
「mixi」と「ツイッター」特にFacebook(フェイスブック)、ユーザー数5億人を超えた世界最大のSNS
(人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイト)の爆発的な普及、凄い時代に成っていますね。
SNSも、使う目的を明確にする、そしてプラスの部分とマイナス部分も理解して使わなければならないとも感じました。
道具は、使う人の使い方で効果・結果も変わります。

当社、全社社員ひとり一人の長所と能力を最大限に引き出し、日本一を見据えた自社のブランドディング戦略、社会活動の発信、
価値観に共感した採用を行い、まだ内容はお伝えできませんが社会貢献型FCビジネスモデルを構築し、社会に役立っていきたいと将来のビジョンがはっきりと見えました。

私には、かなりの勇気とハードルの高い挑戦となりそうですが、夢の実現に向け頑張ります。
国内では最高品質を目指し、まずは日本一に成る事。
長期的に、グローバル化を図り海外も視野に入れて小さな一流企業に成る事です。
社会に、役立つ理想の会社が見えてきました。

かなりの、壁や苦難がかなりあるでしょうが全てチャンスにして働く皆が、幸せを実感し関わる全ての人を幸せに出来る会社を絶対に作り上げるのが、私の使命です。
皆から愛される、株式会社ベルに成る為に。



  1. 2011/03/14(月) 18:36:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。