スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勇気を出して、行動して良かった。

中條高徳氏 アサヒビール名誉顧問の講演に行った時の話

その日の前夜、ある会合に出席していた私は最近の自分の行動特性に気付いた、立食式のテーブルなのに自分が
他のテーブルを回らずに一定の場所にとどまっている。

数年前までは、積極的に交流を意識し精力的に動いていた。

ご縁の大切さ、人との出逢いの素晴らしさを知っているのに行っている事は消極的になっている。

その晩は、夢の中にもその反省が出てきて、熟睡できずにいた。

そこで、決意したこれからは、「積極的に動く」。

その時が来た、講演会場に早めに着いた為軽く食事を取るために喫茶ルームに入った。

片隅に、オーラが出ている高齢の紳士がいらっしゃった「もしかして、本日の講師である中條先生かも・・・」と考えながら目線を送ったその時、相手から私に声をかけられた。「おー!どこから来たのかね・・」たまたま、東京出張から直接会場に来たが住まいは大阪なので、どの様に応えようかとか、多分人違いをされているからどうしょうかと・・、
結局「今日は東京からきましたが、住まいは大阪です・・」答えたと同時に、関係者の方が表れて何となく人違いで会話があった事が伝わった様子。いくらか離れて、席に着いた。

軽食を取りながら、これも何かの縁、間違いなく中條先生だから挨拶と名刺交換を行いたい。

そんな思いだが、先生のテーブル周りは声のかけにくい状態である。

昨日決めたばかりなのにここであきらめてはならないと勇気を出して、挨拶に行く事にした。

以前にも、書いた事があるが私の自己紹介は夢も伝える事にしている。

「お話し中すみません、先程お声掛け頂いたものですが良ければ先生にご挨拶をしたくてよろしいでしょうか?」快諾いただき名刺交換、会社名、名前、どの様な業種なのか、そして最後は夢の話、
「自分の夢は日本一の感動企業を作る事です」中條先生から、「大きな夢だね~どうぞ、席についてください」と、同席させていただく事となった。
挨拶だけして立ち去る予定が、全く違った状況にワクワクしていた。

これを期に、周りにお座りの方も名刺交換がまだの事もあり、名刺交換が始まった。
いいきっかけを作った様だ。

私も、他の方と名刺交換。
何と、同業の素晴らしい経営者の方が3人もいらっしゃいました。

あっという間に時間が経過し、講演会場に移動。先生の講演を拝聴する事となった。
数々、心に響く事を享受して頂きましたが、特に歴史学者が研究して、民族が滅びる3つの要素でした。

1.理想 夢を、失った国

2.物の価値を全てと信じて、心の価値を見失った民族

3.自国の歴史を忘れた民族は、滅びる
マッカーサーは、国をつぶすには武器はいらない、歴史を抹消する事で国は滅びる。
それを知ってて日本に行った結果、まさしく現在の日本である。
戦争に勝利すれば、勝者が全てが正しくなる。

我々日本人は、改めて正しい、歴史を学び誇りある国家に生まれ変わらなければならない。志命をもって、この国を守ってきていただいた祖先に申し訳が立たない。

我々にはDNAとしい引き継がれているのだ。

祖先が守っていなければ、間違いなく白人の植民地政策により今の日本はなかったであろう。

今の時勢を嘆くより、開き直り、夢づくり、諦めないで行動する事。

お話の中で、意図的なのかは定かではないがこんな事を仰られた。

数々の教えの中で、つまらない人間は、縁を生かさない、柳生家の家訓がある。

小才は、縁に会って縁に気づかず。
中才は、縁に気づいて縁を生かさず。
大才は、袖振り合う縁をも生かす。
(才能の無い人間はチャンスに気づかない。中の才能の者はチャンスに気づいているが飛びつかない。とても才能のある人間は、袖が触れるほどの些細なチャンスも逃さない。大物になる人物はチャンスに敏感であるという事)

この言葉を聞いた私は、今日の勇気を出して行った自分が誇らしく、そしてご縁を頂いた方との縁を大切にしたいと改めて感じた次第でした。

※中條高徳 なかじょう・たかのり 昭和2年長野県生まれ。陸軍士官学校、旧制松本高等学校(現・信州大学)を経て、27年学習院大学卒業。同年アサヒビール入社。50年取締役。常務、専務を経て、63年副社長に就任。平成2年アサヒビール飲料会長。10年よりアサヒビール名誉顧問。著書に『立志の経営』『おじいちゃん 戦争のこと教えて』『おじいちゃん 日本のこと教えて』『おじいちゃんの「わが闘争」』(いずれも小社刊)など。


スポンサーサイト
  1. 2010/10/26(火) 11:01:41|
  2. 気付き・学び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。