スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

予防(未病)医学の時代

「脳内革命」の著者でも有名であり予防医学の権威である春山茂雄先生の講演会に参加してきました。 テーマは「誰でも実践できる予防医学の仕方」誰もが願う健康で長生きをするには、どの様にすれば良いかです。
まず、春山先生を見てびっくり還暦をとうに越していらっしゃるのに、肌つやも良く鍛え上げた若々しい身体をお持ちでした。残念ながら、自分の体とは大違い。
病気にならない為には、筋肉をつける事が重要であるということです。
しかも、上半身を鍛え上げるより下半身を中心に筋肉を保てばよいとの事でした。
ストレスと脂肪が関わると、人は病気になりやすい。
ストレス社会と言われる現在、また美味しいものには、必ず脂肪が含まれている。
脂肪は、体内に蓄積されこの脂肪が健康を害することにつながって行く、解っていても美味しいものは食べたいですよね。
この体内に蓄積された脂肪を燃やすために筋肉が必要となるのです。
下半身を中心とした筋肉を保てば、脂肪を燃やして炭酸ガスと水に分解することができる。やはり、体を動かし筋肉をつける事、そして脂肪を燃焼させる。
筋肉を作る為に重要な役割を果たす、成長ホルモンを促進させるためにゆっくりと運動を
するスロートレーニングで、体に大きな負担をかけずにスクワットを行う。コツは、真下に行うのではなく後ろに体重を乗せしっかりと足の筋肉に負担をかける事、後ろにひっくり返らないように注意、また強く握ったこぶしを作り、腕全体に力を入れたまま手をスローで曲げ伸ばしする。各々20回繰り返す。後は、水分をしっかり取る。水素水が良いらしいですが、まだまだ高くて手に入れにくい。食事(サプリメント)の工夫(果物・・ぶどう&リンゴ 酵素を多く含んだものの摂取)ストレスをためない(瞑想)
元気で、健康な体を作り、しっかり健康管理しましょう。
新著「新・脳内革命」が発売されました。興味がある方はお買い求めいただき健康管理に役立ててください。


スポンサーサイト
  1. 2010/07/20(火) 09:50:35|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。