スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#

ビスタワークス研究所 所長大原光秦さん講和より 一部抜粋して

幸せとは
 「ありがとう」を集める旅
  それには、感謝の心を持つ事が必要である
影響力を高める力
1罰を与える力
2報酬を与える力
3肩書などの権力
4圧倒的な知識や技術力
5人間としての魅力
  レイブン&フレンチ(社会的影響理論)
ほとんど人が、4と5が大切と感じている。社会人も学生も同じ回答である。
要するに、影響力を高めるには人間力と影響力が伴わないとならない。
リーダーは、人間力と専門力をつける。
人間力
 人間同志の助け合いにより、よりよい未来を切り拓く力
 行動する力
? 目的・夢・ (イメージ力)
? 展望・計画性
? 思考力(正しく考える)
? 個性、主体性、独創的
? 好奇心、探究心
? やる気、意志力、集中力、注意力
共恵的関係を構築する力
? 理性、自己制御
? 共感、協調性、利他性
? 優しさ、思いやり
? 幸福感、感受性
? 言語が、使いこなせる
   「成功知能HQ」講談社澤口俊之著

人生の悲劇は、事情と目的のはき違え、目的と目標の取り違えに始まる。
 目的
 何のためそれをするのか
  →なりたい自分(ビジョン・夢)
   ありたい自分(価値観・信条)
   ※自らに問い、定め、覚悟する
 目標
 何をどれだけどうやってするのか
  →達成する 事実(現在)
   「形」として現れる・数値化
   ※人から求められ、とらわれる
仕事(働く)
 目的
 誰のために、何のために
? 家族や、仲間、お客様の喜ぶ顔が見たい
? 自分の生きている意味を実感したい
? 仕事を通じて、人間として成長したい
目標
業績を達成し、責任を果たす
? 知識や技能を高め、期待に応える
? 収入を得て、生活を安定させる
? 体調を管理して、健康を維持する
※目的と目標をワンセットにする
仕事を通じ、人間として成長していく、それは専門力と人間力を磨き、影響力を高め
家族や仲間、お客様、地域の人たちに夢や希望を与え、素晴らしい人生を社会に広げる事
  
人は、無意識に生きている、意識出来るのは10%で無意識が90%といわれる。
  無意識でも、無能なのが「癖」 有能なのが「習慣」
  意識して、鍛錬し、定着させ、習慣にする。
本気で、情熱を持ち、目的で行動し、目標を達成していく。
毎日、一割ぐらいは他の人の為に働く。

凡事一流で感動を知る
 凡事が、生き方を創る
 特別な事をしようとせず、日々の凡事に手間暇をかけ、感謝を実践する。
 その実践の非凡さを「一流」という。
 感動は、手間暇が生みだし、手間暇は心の所在が生みだす。
 心は、日々の凡事一流から育まれる。

5つの凡事
一. 身近な人への感謝を言葉に。
二. 一つ先の人への感謝を形に。
三. 否定言葉、悪口をやめる
四. 生活の習慣を正す
五. 手紙、日記、記帳の習慣を継続する

自分や、仲間、同志を信じ、努力は必ず報われると経験則を信じる。
利他と感謝の気持ちをもち、見返りを他人に求めない。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/21(水) 10:39:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メンターリングマネジメント

先日四国管財さん主催、福島正伸先生のメンターリング・マネジメント公開講座を社員と一緒に高知県で受講しました。
メンタリングのその神髄は、言わずしてやる気になってもらうことであり、教えずして人を育てることです。
最強のチームをつくる究極のリーダーシップのことですね。

当社の「ゴールドスタンダード」に書かれている“従業員との約束”自立型人材育成と全く同様の考えでした。
自立型の姿勢は、いかなる環境・条件においても、自らの能力と可能性を最大限に発揮して道を切り開こうとする姿勢を言います。
それは、私が行っている自己責任の考え方であり、自ら求める生き方あります。
大切な考え方や物事の捉え方も、共感し気づきもありました。
まとめてみますと

1.プラス受信が自立型人間に置いてもっとも大切な考え方で起きているすべての事に、プラスの受信をしているかです。すべての出来事は、前向きに考えればチャンスとなり後ろ向きに考えればピンチである。

2.問題が起きた事が問題ではなく、どう考えたかが、本当の問題である。

3.すべて起こりうる事は、自己責任(自分が源泉)として考え、自分自身が見本となっているか、相手に絶対の信頼を置き、本気で支援しているか、それをいかなる環境・条件においても、自らの能力と可能性を最大限に発揮して、道を切り開こうと楽しみながら出来ているかが大切。

4.リーダーとして、自分が見本になっているか、生き方そのものが従業員さんから、また家族から尊敬されるかがもっとも大切な部分です。
人は、尊敬されている人からは、殴られても、怒っても良い。
人間関係が、優先だからです。人は、誰から怒られたかが、意味がある。
誰と仕事をしたいか、その人が発した言葉を聞いてるからではなく、その人自身を見ている。
言葉を言う前に、自分の生き様を見せる事です。

5.出世とは、大きな困難に挑む そのかっこいい姿を部下に見せる事
いやだなぁし思ったら、成長しようとしていない
成長するには、すべてを「ありがたい」と思う事しかない、気づくことしかない。
成長のチャンスだから

最後に、最も強い企業とは、社会に貢献しうる明確な目標を持ち、その実現のために共感したメンバーが集まり、
ひとりひとりが自立し、相互に支援し合うことによって、無限の価値と感動を提供し続ける企業です。

すべて、共感でした。そして、私の大きな気づきは、イライラする事がある人は、他人をあてにするかだという事でした。自立型で、自己責任で考えていたつもりが知らぬ間に他人に依存することでイライラする部分が
でてきていることを知りました。また、成長できます、感謝です。

当社のミッション“和を大切にし、人も建物も元気にする”
私の夢、従事するみんなが幸せを実感でき社会に貢献する“日本一の感動企業になる”“人の幸せや夢の実現を支援するドリームマネージャーになる”です。
必ず出来ると確信しました。


  1. 2010/04/21(水) 08:28:48|
  2. 気付き・学び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。