スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人本主義、人間性を尊重する経営の時代

本当に有難い事に、当社がマスコミの取材を受けるケースが増えてきました。
つい最近では、NHK関西 7月13日(月)AM7:45~「おはよう関西」の『元気な中小企業』に放送して頂きました。

働く人を大切に考え、自然と共生できるよう努力し、温かさや優しさを持った企業経営が評価される時代になったのでしょう。
金拝主義、利益至上主義の経営から、人本主義、人間性を尊重する愛と感動の経営の時代です。
すべてはベルファミリーが一丸となっての努力の賜物と心より感謝申し上げます。

しかし、有頂天になっては居れません。
まだまだ、当社は理想の姿にはほど遠く至っていないからです。
働く一人ひとりが喜びを感じ、幸せを実感でき、お客様からベルさんなら・・ベルさんしか・・と
選んで頂け、無くては成らない関係となり、当社のミッション「私たちは、人と建物を明るく元気にする」を
実践する「日本一の感動企業」になるのが目標なのです。

日常のちょっとした挨拶や振舞、ついうっかり言った言葉、何でもない行動に、その人の人間を決定します。
要は、無意識に行っている事が評価されるのです。
無意識にできるようになるには、意識し、行動し、習慣づけをする事です。

私たちの目指すプロの仕事は、「感動のサービス」は、私たち人が作り出します。
本気で作業に打ち込んでいく、 そうすると、作業に心がこもり(真ごころ)自分と一体化し仕事となります。
「感動のサービス」とは、そんなところから生まれるのです。
仕事とは、「お役立ち」仕事を通じ、社会に「お役立ち」しましょう。

1.ひとまずYES!で行動してみる
2.予期していなかった出来事が発生
3.チャンスと捉えて最善を尽くす
4.その中で自分が磨かれる
  計画された偶発性   J.D.クランポルツ
  

スポンサーサイト
  1. 2009/07/23(木) 07:32:49|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。