スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抱きしめて送る死の文化  柴田 久美子さんの活動を応援します。

私は、普段から会社の存在価値は「皆が、幸せになる事」とお伝えしております。

一人ひとりが、幸せを実感できることが大切ですね。
そんな、社会や人づくりをするのが会社です。

人は、幸せになる為に生まれてきてますが
人生は、一度きり 生かされている事に感謝し大切に生きないとね。

当社の人づくり像は、
 〝役に立つ人〞 〝よく気のつく人〞 〝気配りが出来る人〞です。

人間性という面からは、
  〝誠実な人〞 〝志を持つ人〞 〝自己責任を持てる人〞

重要視する点は、
  〝熱意〞 〝積極性〞〝勇気〞〝挑戦〞 〝たくましさ〞〝優しさ(愛)〞です。

月刊「致知」に書かれいて、心に響いたある住職の言葉

「人間の究極の幸せは4つある。
 愛されること。
 人に褒められること。
 人の役に立つこと。
 人に必要とされることである。
 そして、愛されること以外の3つは、
 社会に出て働いてこそ得られるもの」と。

人を幸せにする事を、当たり前にされている尊敬する一人が柴田久美子さんです。

以前、柴田久美子さんの講演を拝聴する機会がありました。
拝聴するにつれ、言葉に表せないほど心が震え、自分の死生観が根本的に覆りました。
それから、ご縁を頂き東大阪でもご講演して頂いたりしております。

最も、大切な命について、そして誰もが迎える「死」
最近、映画で「おくりびと」が有名になりましたが、おくる人も、いつかわ送られるひとになる。
「死」そのものの、尊さや人間の尊厳とは何かを、我々は、理解してなさすぎでは無いでしょうか・・・?

柴田久美子さんは、抱きしめて看取る死の文化をお伝えする為に小冊子を作られました。
すでに私は、全社員と関係する方へお配りいたしましたが、他に少しでもお役に立いないかと考え
プログで、ご案内させて頂く事にしました。

はじめから、一部抜粋してお伝えすると

人間は両親から「身体、良い心、魂」を頂いて生まれてくる。
そして、この世を旅立つとき、身体は朽ち、良い心と魂は縁のある人に「生きる力」として渡されていく。
これが「命のバトン」であり、その受け渡しこそが人としての最大の使命と、幸齢者様は死をもって私に教えて下さる。
この大切な命の秘密を一人でも多くの人にお伝えしたい・・・・・・       柴田久美子

読まれた方は、心が震え涙するでしょう。
そして、大切な事に必ず気付くと信じてます。
柴田久美子手紙
申し込み用紙
紹介
3




































スポンサーサイト
  1. 2009/04/27(月) 18:01:02|
  2. 交友・社会活動・異業種交流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ABC「News ゆう+」にて、関西元気企業としてご紹介いただきました。

2009/03/31/ Tuesday 放送
関西元気印 元気な会社は社員をホメる!
「100年に一度」と言われる未曾有の不況の中、NEWSゆう+では、不況に負けずにがんばる
『関西元気印』として取り上げます。第1回は、大阪のビルメンテナンス会社の元気の素を探ります。


同志とは、必然と出会い、思いが具現化していきますね。

当社のミッションは、“和を大切に、人と建物を明るく元気にする”
このミッションを果たしていくには、まず従業員の幸福を作ることから始めていく事
尊敬する人や師から学び、気付きました。
会社は、人を幸せにする為にあるんですね。
そして企業文化づくりを、全力で取組んで来ました。

進捗はまるでカメの歩みの如しでしたが、お客様から頂くお誉めの言葉が少しずつ増えてくると社内から、会社や仕事に対しての誇りと喜びの声が、聞かれるようになりました。
有難いことです。

素敵なお客様や、親愛なる仲間と出会い、いただいたご縁からだと、心から感謝しております。
お客様と同志から、学ばせて頂きながら、少しずつ、明るい良い組織づくりが出来てきて来たのだと感じています。
まだ、スタート地点に立てたばかりですのでゴールに向けて一歩一歩確実に進んで行きたいと考えます。

今回は、朝日放送株式会社 報道局 ニュース情報センター 東野さんとのご縁を頂きテレビ放送して頂いたのですが、初対面から東野さんは、実直なお人柄を感じる方でした。
社会の役に立つ志のあるお方とご縁を頂けた事に感謝し、各々のポジションで世の中を良くするために出来る事を、行こうと誓い合いました。
下記は、東野さんから頂いたメールです。
許可を頂きましたので、プログに掲載いたします。

(ここから)

株式会社ベル 代表取締役 奥 斗志雄 様

このたびは、本当にありがとうございました。
本日、無事に放送することができました。

みなさまのご感想など、「甘口」、「辛口」、「激辛」、いろいろ含めましてご感
想をいただけましたら、幸いでございます。

今回は、私がいつもお世話になっています、大阪産業創造館さんからのご縁で、取
材させていただいたわけですが、私の場合、「実際にお会いして、お話をうかが
い、自分の目でちゃんと確かめる」まで、取材対象を決定しません。今回は、奥さ
んとお会いして、奥さんの熱意、熱い思いを感じ、いろいろお話させていただい
て、「この話は、必ず、視聴者に伝わる」と確信して、取材、放送させていただき
ました。突然なお話で、時間もないところで、調整していただき、奥さんには、か
なりご迷惑をかけてしまったことをお詫びいたします。そして、お時間のない中
で、誠心誠意、ご対応いただけましたこと、心より感謝いたしております。ありが
とうございました。

世の中、暗い話が多く、特にテレビのニュース報道においては、「問題提起」はい
いのですが、暗い話を「より暗く報道する」という傾向が顕著です。
私は、報道機関の中では、「少数派」ですが、「世の中を明るくするために、一般
の方々を元気にするための報道(ニュース)特集」というのが、これから必ずや求
められるものだと信じて、日々、仕事をしています。人々が「暗くなる問題」があ
れば、どうすればその解決の糸口を見出せるのか、どうすれば困難から脱出できる
のか、たとえその答えを提示できなくても、がんばっている人の「生の姿」を見せ
ることが、同じような苦しみ、悩みを抱えている人にとって、「救い」になります
し、その放送によって、明日への「勇気」をもらえると思うのです。そういうこと
で、世の中の人のために、少しでもなれたらいいなと思って、この仕事をしていま
す。

奥さんがおっしゃっていた、「みんなを幸せにしたい」という想い、私はすごく感
銘しましたし、自分と同じような感覚をもった方と出会えたと思いました。

ぜひ、奥さんの思いを広く社会へ広げていただきたいと思いますし、私も、できる
限りのことをやってがんばっていきたいと思っております。
奥さん、ご家族の皆様、社員、スタッフのみなさまのますますのご発展、ご多幸を
お祈り申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
長文になりまして失礼いたしました。

まずは、御礼まで。

朝日放送株式会社 報道局 ニュース情報センター 東野 裕(ひがしの ゆたか)(経済担当記者)

(ここまで)

お陰様で、全社員で喜びを感じ合い、またお客様や仲間から称賛の声を頂けました。
ますます、みんなで力を合し世の中を、明るく元気にできるように元気いっぱいで活動します。感謝

      



  1. 2009/04/13(月) 09:39:41|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。