スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

盛夏の頃 

盛夏の候  いつもありがとうございます。

今年の夏の到来は、例年より1週間以上も早く、しかも非常に熱い夏日が続いております。
やる気があっても、身体がついてこなくては元も子もありません。
水分補給、栄養をしっかり摂取する、睡眠を多めにとるなどして体調管理に充分留意してください。

さて私は、5月から7月までの3か月間、延べ日数6日にわたる臥龍こと角田織之先生が行われる
第59期企業進化講座にオブザーバー参加してきました。
この講座は、経営者が自らの使命に気付き、目指すべき理想の企業像を具現化し、中期経営計画に落とし込み
立案する、時流を読み、深く広く考える必要があり、自らを立志し経営の羅針盤を作り上げる講座です。
その後、計画は立てるのが目的ではありませんので、100%実現するための活動が始まるのです。
今回5人の経営者の方が、受講されていましたが、素晴らしい志をお持ちの方ばかりでした。
卒業生の間で、今後「羅針盤の完遂」するための会を設けることになっています。ついた名前は、「越龍会」
龍を超える思いだそうです。良いご縁をいただきました。
私は、9年前に38期生として受講「日本一の感動企業を目指す」この覚悟を決めたのも、この講座を受講したことがきっかけでした。
今回は、オブザーバー受講でしたが充分に当社の未来を考えることができました。
経営計画発表会でお伝えしている、将来ビジョンは大きな変更はありませんが表現が変わります。
「介護事業に参画」を変更して、「高齢者対応産業に進出(目的:会社に関わる人と地域社会の幸せ実現)」に
変更します。
また、経営理念をわかりやすく伝えるために社是を作りました。
これより、2006年より制定しているGold stndardを一新します。
行動規範は、またご紹介することにして
内容と、意味をお伝えします。

【Gold  Standard】
社是  関わるすべての人を幸せにしましょう 
-人にやさしく 仕事に厳しく 職場は、楽しく-
社是とは、会社の大方針のことです。

コーポレートスローガン
愛と感動のビルメンテナンス
“ありがとう!”
“そこまでするか!”
“さすがプロ!”
コーポレートスローガン
コーポレートスローガンは、私たちの事業姿勢の根本を表すものです。全従業員を「選んだ家族」と定義して、表面的では無く相手を思いやる大切な関係を築き、そして共に学び、成長し、お客様に感動レベルのサービスを提供しています。そこには、相手を認め、ほめて相手のために尽くす「愛」と目配り、気配り、心配りを徹底し、人の喜ぶことを無意識にやってしまう事から生まれる「感動」があります。
愛と感動で人を育て、感動の連鎖を作り、幸せな社会づくりに貢献します。
全従業員がこれを理解し、「そこまでするか」「さすがプロ」と言われる感動レベルのサービスを行います。
お客様から頂く言葉「ありがとう!」が私たちの誇りです。

経営理念
1.私たちは、自らの幸せ創造のために、人と人の繫がりを大切にし日々の仕事を通じ
技能・人格を磨き上げます。

2.私たちは、お客様第一主義でより良い技術力と高品質のサービスを提供します。

3.私たちは、事業活動を通じ地域社会に貢献し会社の永続的な繁栄と従業員の
豊かな生活を築きます。

経営理念
何のために会社が存在し、どういう目的で経営するのか経営サイドの価値表明
すべての企業活動の根本原則。「絶対」「不変」「万能」の3つの原則がある。
「絶対」とは、利益よりも優先することであり、たとえ役員会であったとしても経営理念に反
する決定をすることはできない。もちろん社長は経営理念の最たる実践者でなければならない。
「不変」とは、どんな時でも変わらないことであり、企業を取り巻く環境がどれほど変化しよう
が経営理念は変わらない。環境の変化に対しては経営理念に基づいて企業活動の手段を変えれば
よい。「万能」とは、どんな些細な業務にでも活かされていなければならないということ。お客様
との一回の電話応対、一枚の報告書にも経営理念が活かされていることが必要です。

ミッション 
“私たちは和を大切にし、人も建物も明るく元気にします”

ミッションは、私たちの業務の使命感をあらわすものです。
愛と感動のサービスを提供することにより、人も建物も明るく元気になり、お客様から喜ばれ活力ある職場環境や
生活環境の整備と建物の資産価値の維持向上を実現することができます。
これが、私たちの使命です。
「使命」とは、与えられた重大な務め。責任をもって果たさなければならない任務です。

従業員への約束
従業員は財産です
従業員の夢と自主性を尊重し、才能の伸展と業績への貢献を、最大限に支援できる
環境をつくります。 従業員と共に誇りと満足を分かち合います。

従業員は社会の財産です。職場を人生の道場として、従業員一人ひとりを「称賛される人」へと育成支援します。
私たち一人ひとりが夢と志を持ち、感謝と礼節を大切にし、社会と未来にお役に立つ人となります。
個々の人間性を尊重し、才能が最大限に発揮でき、お互いの夢の実現を支援し合える“相互信頼の職場環境”を育みます。また、会社の目標は、全従業員に伝えられます。これをサポートするのは従業員一人ひとりの役目です。

No1宣言
日本一の感動企業になる

全社員が価値と感動を提供する理想の企業のあり方。
自らの能力と可能性を最大限に発揮し、さらに相互に支援しあうことによって無限の価値と感動を提供し続けている状態。大切な事は、困難にぶつかってもあきらめないこと、果敢に不可能にチャレンジし、その生きる姿で他の人々に夢と勇気を与えることができる。
社員が、誇りを持って働き自分の子供を勤めさせたい会社、お客様から称賛され、存在そのものが社会貢献となる日本一の感動企業を 創り上げましょう。

新卒採用の会社説明時に、お伝えしている当社の人物像も今回制定します。

BELL人物像
常に相手の立場に立ち、思いやりをもって人と接する利他の精神を持ち
起きる物事、すべてにおいてプラス受信、プラス思考でき、自己責任としてとらえている。そして、取り組む姿勢はいかなる理由があろうとも、「逃げない、諦めない、全力で立ち向かう」そんな人になりたい、そんな人になる。それが、BELLファミリー求める人物像である。

利他の精神
常に思いやりを持って人と接する。当社でいう「愛」です。
人の喜びや幸せを自分の幸せと感じることが出来人になること。

プラス思考
起きているすべての事に、プラス受信する。
すべての出来事は、後ろ向きに考えればピンチとなり、前向きに考えること、チャンスとなる。問題が起きた事が問題ではなく、どう考えたかが、本当の問題である。

自己責任の考え
すべて起こりうる事は、自己責任(自分が源泉)として考え、相手や環境のせいに
しない考え、自分が変わるしかない。
『他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。』 by エリック・バーン

自立型の姿勢
いかなる環境・条件においても、自らの能力と可能性を最大限に発揮して、
道を切り開こうとする姿勢であること。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。
BELLファミリーが思いを一つにして、最幸の生き方、働き方をして「日本一の感動企業」を目指して行きたいと思います。
暑さにもめげず、お元気でまいりましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。


















スポンサーサイト
  1. 2013/08/08(木) 16:01:58|
  2. こだわり・信条・経営理念
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大地震 このな時こそ、冷静に対応する事が大切です。

謹んで東日本大地震による災害のお見舞いを申しあげます。
この度の地震により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申しあげます。
そして一日も早い復旧と、皆さまのご健康を心からお祈り申しあげます。

こんな時、家族や友人と連絡がとれてホッとしたものの、被災地から離れた場所で
ニュースを見て無力感を感じたり、心配で気が気でない人、テレビの報道に張り付いている人、
「いますぐ何かできることがしたい」と焦っている人も多いのではないでしょうか。

私も同様なのですが、阪神淡路大震災時に学んだ事を振り返ると、焦って行動すると
善意が無駄どころか、大きな迷惑になると言う事です。

大災害の状況を見守るしかないという事をもどかしく感じても、むやみに行動すると
自衛隊、警察や消防、医師や災害救助のプロなどの、人の命を救うことができる人たちの邪魔になります。

自分のやっている事が、本当に「役立つ事に成っているのか」良く考え行動する事が
私たちの出来る事です。

遣ってはならない事

1.むやみに電話をかけない
電話回線を混雑させない  本当に必要な人を困らせている

2.むやみに、被災地に向かわない 
交通(道や鉄道)を混雑させる  受け入れ態勢が整っていない、迷惑をかけに行くだけになる

3.むやみに物を買い込まない 
人が不安になるような行為が、連鎖を招き 結果的に皆の迷惑になる、
特に被災地の人に迷惑をかける行為に成ってします。

4.むやみに救援物資を送ろうとしない  
輸送経路も確保できていないのに、物資を送る事が、どれだけ現地での対応を
困らせるのか考える必要があります
問い合わせも、大きな迷惑です。


こんな時こそ、行政や支援団体からの指示に従い冷静対応する事が最も大切だと考えます。

当社でも、時期を見て出来る事を行います。
義援金もその一つですが、他にも何かと発生すると考えています。
正しい情報に基づき、状況判断し適切な時期に適切な行動を起こしましょう。


  1. 2011/03/14(月) 18:38:47|
  2. こだわり・信条・経営理念
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

組織プロフィール 其の1

2009年度の関西経営品質賞※に申請します。
当社は、全体が最適になる経営を行う為、中期経営計画を練り、経営革新してるのです。
そこで、多くの気付きを頂いているのが日本経営品質賞アセスメントブックです。
そのアセスメントブック基づき、始めて自社の経営をアセスメント(査定、評価という意味)したのは2004年でした。
それから早くも5年が経過しています。

今回の申請に向け、改めて当社の組織プロフィールを書き出しました。

組織プロフィール※では6つの項目について、考えていきます。
1. 組織が目指す「理想的な姿」
2. 顧客認識
3. 競争認識
4. 経営資源認識
5. 変革認識
6. 組織情報

凄く難しそうでしょ・・。
実際、かなり深いのです。
これを深く考え、戦略を練っていく事で会社のビジョン(将来の構想、展望、理想)が決まっていくのですね。
これから暫らくの間、この組織プロフィールの内容について話して行きますね。

1. 組織※の目指す理想的な姿について 具体的には次回から延べますが
私が考える理想の考え方です。
企業経営の使命と責任にたいする活動(人を、幸せにする)として順位づけると
一番に、社員とその家族
二番に、下請け会社の社員とその家族
三番に、お客様
四番に、地域社会や地域住人
最後に株主

なかなか、難しく誤解を招く事も多いが、この順番が大切だと考えている。
この順番こそが、整合性のある、皆が喜ぶ結果になると私は結論付けました。

働く人の幸せ像は、「人に愛される事、人に褒められる事、人の役に立つ事、人から必要とされる事、そして成長する自分に気付く事」です。

下請けの社員は、社外社員です。
会社に、不平や不満や不信感があれば、お客様に感動するサービスや商品を生み出さない。

長くなるので、次回に続く・・

※関西経営品質賞とは  “良い経営”を通じて 関西から世界に誇る企業・組織を輩出する
本賞は、関西のあらゆる組織が顧客本位に基づいた自己革新を果していく動機づけとなるよう、イノベーションに継続的に取り組み、優れた業績をあげている組織を表彰し、関西全域に経営品質向上プログラムの視点に立った経営革新を推進します。

※組織プロフィールは、あなたの組織の意図や目的を原点に「何を目指すのか」を考え、そこから経営を取り巻く外部環境、内部環境の現状と将来に関する認識を深めながら、課題を明らかにし、組織としてどう変わるべきかを明らかにすることを目的としています。

※組織とは、何かの目的や目標を達成する為に形成されるものです。

  1. 2009/08/04(火) 15:13:23|
  2. こだわり・信条・経営理念
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

学生に、メッセージ

就活している学生の方や、未来を担う若者にメッセージを送りたくて
今日は、哲学な事を書きます。

時間の概念
若い時は、時間を分けて考えてきた。
自分の時間と他人と過ごす時間、プライベートと仕事の時間、
よく考えてみると、自分の中で分けようとしているだけ・・・なぜ、分けて考えようとするのか?

今は変わった、大きな転機が自分を襲った時、過去の自分の経験では解決できない。
とことん考えた、相談もした、本も読んだ、行きついた答えは
「人生は、今を生きていること、いや生かされているのが人生そのものと」
時間そのものが、人生である。

人生は、自分探し、何の為に生れ自分はどこに向かっていくのだろうか?

幸せになるために生まれてきた。

幸せとは何だろうか?

幸せの5つの条件
 1)心身ともに健康である事。
 2)自分でほどほどと思える程度豊か。
 3)真・善・美を評価することが出来る能力を持っている。
 4)多くの良き人間関係がある事。
 5)朝起きた時、今日もやらなければならないという天職がある事。
                         分析心理学者 C.G.ユング

私は、自分の心の持ち方、とらえ方が最も大切だと考える。
当たり前と、考えている事そのすべてが当り前では無い。
生かされている事に、まず感謝する心があり、その心から、幸せを感じれる人になる。

仕事とは、「お客様へ、世の中へお役立ちする事」
成長する喜び、遣り甲斐を感じる、そして人生そのものが豊かになるもの。

夢を持ち、自分と仲間を信じに、全力でチャレンジする。
大切なものを、大切にする為、限りある時間を限りある命を燃やしきる。

人生の完成する時って何時なんだろう・・

生まれてきたとき、自分は泣いて生まれてきた。
生んでくれたお母さんも、家族もご縁のあるある人も、笑って祝福してくれた。
自分が、人生を終えるとき満ち溢れた充実感と笑顔で迎えたい。

自分を信じ、夢を持ち、考え、可能性に全力でチャレンジする。
大切なものを、大切にする為、限りある時間を限りある命を燃やしきる。

大切なもの・・・考えてください。
大切なこと、もの、・・・

やはり、最後に来るのはこの言葉かなぁ、自利利他
(仏語。自らの悟りのために修行し努力することと、他の人の救済のために尽くすこと。
この二つを共に完全に行うことを大乗の理想とする。)

出来ない自分が居て当然、「人間だから」

志を、見つけたらもう、人生ぶれない。


行動力の大切さ

  夢や目標を実現するには、まず自ら考えること、計画を立てること、行動すること、反省すること、
 これを繰り返します。大切なことは、絶対に諦めない事、そして焦らない事。
 急がば、回れなんです。結局、回り道したつもりが近道です。
 すべてに、無駄はありません。

 考えるはプラス→悩むはマイナス、悩む、何かを責める
 考える、問題解決する方法を模索する  

 成長=考える×熱意×能力×忍耐力×やり続ける
 出来ないとは、やらない事です。

 熱い、情熱と夢を実現する行動で燃えまくりましょう。

 夢は、利己でもよい 大きな夢は、利己から利他になっている。 夢は、目標ともいえますね。
 志は、利他です。 志は、目的と言えます。 何のために・・が、目的。

夢と仲間(同志)の大切さ

  同じ夢を想い描き、語り合い、苦楽を共に分かち合える仲間が居るって、最高。
 自分の価値感があう同床同夢の仲間、自分を理解してくれる人が居るから、頑張ってられる。
 仲間の笑顔が見たくて、仲間の喜ぶ姿に、自分の幸せを感じる事が出来る。
 幸せは、分かち合う仲間がいて感じる事が出来るものです。


学生にメッセージ
  私は、社長になるのが少年の頃からの夢でした、社長になるなんて無理無理という人もいました。
 夢を語ると、否定する人が大半でした。
 描いた人生設計はなかなか思い通りには行かず、何度も挫折を味わいました。

 一時は夢を諦めかけました。
 しかし、今やるべき事に全力を尽くして働いているうちに、一歩ずつ確実に目標達成出来ている自分がいて
 そして、何とかなる、何とか出来る、出来る出来ると確信と自信に充ち溢れ、輝いている自分がいました。

 そして、32歳の時夢を現実にする行動に移し、現在多くの夢を達成し続けている最幸の自分がいます。
 大切な事は、夢を持ち諦めない事、真剣に想う事そして考え、発言し、行動し、学ぶ事です。
 学ぶこととは、知識を得ることではなく行動し、結果を出す事です。
 すべてのプロセスは、結果を出すためにあります。
 
最後に、奥 斗志雄の夢と志
  
  数ある夢の中から、志と一言集約すれば

  『ご縁のある人や周りを明るく元気にする、日本一の感動企業を創る。』

  では、皆様にすべての素晴しい出来事が起きるように・・・



清掃会社 大阪
ビル清掃 大阪
設備点検 大阪
ビルメンテナンス 大阪






  1. 2009/05/20(水) 13:21:08|
  2. こだわり・信条・経営理念
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人間の価値

友人から、連絡が入った。
志を持ち経営している仲間の会社が、とある事故により大切な従業員の方がお亡くなりになったとの事。

御家族、親戚、縁者の方々の、心中をお察しすると、とても居たたまれなくなる。
心の傷が、少しでも早く癒される事を願います。
亡くなられた方の、ご冥福をお祈りいたします。

しかし、残念な行為と感じた事がある。
競合他社が、この事を利用しその会社を蹴落とすために、この件を使い中傷しているそうだ。
ビジネスとして、競争して勝ちたいのは解るが、人としての尊厳を忘れた行動をとる事を当り前にしてはならないと。

親愛なる仲間の会社で働くスタッフの皆さん、中傷に負けず頑張ってください。
心から応援致します。


【人間の価値】

ずるいことをやったり、
人を押しのけたりして、
地位や財産をつくるのも
人間の能力、知能の一つであります。

それを使っていろいろのことができる。
できるけれども、
そんなことができても、
これは人間としては少しも偉いことではない。
社会的には偉いかも知れぬが、
人間としてはむしろ恥(は)ずべきことであります。

何を為(な)すか、
何をしたかということと、
彼はどういう人間か、
如何(いか)にあるか、
ということとは別である。

 『安岡正篤 一日一言』より(致知出版社刊)







  1. 2009/05/07(木) 13:49:22|
  2. こだわり・信条・経営理念
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。