スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宴会の締め方

親愛なる皆様

晩秋の頃、皆さまにはお変わりございませんか。
いつもご尽力を、賜り有難うございます。

今回は、様々な宴会での締め方を書きます。
良く間違うのが、一本締めのやり方と万歳を降参三唱と行う事です。

三本締めのやり方
① 音頭を取る人:「それでは皆様、三本締めで締めさせていただきます。お手を拝借。
いょーお」
② 全員で3,3,3.1の手打ちを3回行う。
③ 音頭を取る人:「ありがとうこざいました」
④ 全員拍手

一本締めのやり方
一本締めは3,3,3,1の手打ちを1回だけ行います。
※「いよ一お」で手を1回だけ叩くのは、正式には一丁締めと言います。
 殆ど間違った一本締めを行っていると感じています。

万歳三唱のやり方
おめでたい席や、繁栄や発展を祈る式典などで行われます。
① 音頭を取る人:「それでは皆様、ご唱和をお願いします。万歳!」
身体の脇に降ろしていた両手を、伸ばしたまま上にあげる
② 合図のあと、全員で「万歳」と声を発し、 
③ 音頭を取った人と同じく両手をあげる。
④ これを3回繰り返す。
※手のひらを、前に向けて上げる方がおられますが、これは降参です。
以上です。 終わり良ければ全てよし!参考になりましたでしょうか。

さて前号に引き続き、当社企業経営用語をお伝えします。

17.役割分担
本来、企業の生産性を向上させるための一つの有効な手段として考え出されたものだが、自分の役割をこなすことだけが目的化してしまい、他人や他部署が困っていることがあっても支援しない風潮が広まり、結果として企業の生産性を落とす原因の一つとなっている。役割分担はシステムであり、意識が分担されてはならない。

18.役割認識
今自分が何をすべきかを自発的に考え、行動すること。役割は分担したとしても、それはシステム上の役割にすぎない。他の役割を狙っている人が困っているのであれば支援するのが当然と考えること。
人間がロボットと違うのはこの役割認識ができるかどうかである。与えられたことをただこなすのであれば、人間はロボットに勝ることはできない。
人間らしく仕事をするということは、自分で役割を考え自分から行動することである。

当社【Gold  Standard】と福島正伸先生の経営用語


スポンサーサイト
  1. 2011/10/22(土) 18:52:41|
  2. 今日もお元気様です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チームで仕事が出来る強さ

先日、勇気をもってクリーンキーパーさんから社内ラッキーコール(社内で発生したクレームの事)を頂いた。WAX掛けの定期清掃後の片づけが、現状復旧されていないのでないかという事でした。
クリーンキーパーさんのフォローで、何のトラブルにもなりません。
この関係が、より良い仕事を行えるのですね。ありがとうございました。

お客様に良いサービスを提供する思いが、各々が担う仕事の責任果たしていく、お互いに認め合い、また気付いた事は注意し、より良い結果を出すために努力していく。
プロとして、責任を果たしいつも現場を支えて頂いている事、本当に心から感謝申し上げます。
誰が悪いと言う事ではなく、力を合わせてより良い結果を出す事が我々の求める姿です。

ご存じない方もおられるので、床の定期清掃スタッフのことを掻い摘んでお話しすると事にします。
定期清掃に伺うスタッフは、作業前には必ず過去に起こったラッキーコール(社内やお客様から頂いたクレームの事)や留意点等の情報を朝礼で伝えあい共有してから作業についてます。

作業には、水を使う事が多い為電気のトラブル、床に置かれている道具やモノ、また電気の取る位置、作業する室内環境に適した最善の方法で作業していきます。
移動出来るものは、全て移動して、洗浄しWAXを塗布して乾いてから全て元の位置に戻す。

技術を伴う仕事ですが、トラブルなく良い仕事を行うには、現状通り在ったものをその位置に戻す為に、かなりの神経を使っています。
複雑な配置や現状復旧する為に、レイアウト図を書いたり、養生テープを使い印をつけたり、デジカメで画像を取り元通りに戻す事を行っています。
最近では、企業情報の漏えいを防ぐ為にカメラを使えない現場も多くなってきました。

休日作業の為、お客様との接点も取りにくく、そんなことから作業完了報告書には作業責任者が、お客様にお伝えしたい事を毎回記入しています。
この報告書をもとに、お客様から多数の有難いお言葉を頂けているのですね。

作業を担当するメンバーを出来るだけ変えずに、行かしたいのですがどうしいても他の仕事が重なったりする事があるので、ここも本社スタッフの手腕の見せ所になりますね。

仕事には、それぞれの関わる人でしかわからない注意すべき点や苦労する事も多々ありますね。

我々は、「こころを込めた丁寧な仕事を行う」そして、「連絡、相談、報告」といったコミュニケーションと、
和を大切にする精神、相手を思いやり、相手を支援する気持が大切なのですね。

さて、これからもお客様から頂く「ありがとう」「さすがプロ」といって頂けることを誇りに
チームプレイで頑張ってまいりましょう。



  1. 2011/08/20(土) 15:38:42|
  2. 今日もお元気様です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

感動から、やる気につながる。

親愛なる皆様

早いもので、一月も後半を迎えました。

今年の目標は 夢を実現するために自分自身のスキルアップ。
最低 本120冊を読みます。
得た知識を、行動に変え人生に活かす。
120冊の本を読むには、短時間で本を読む手法を身につける必要があると考え、フォトリーディングという手法をマスターする事にしました。
本を読むポイント、読む本から何を知り得たいかという事を意識して読む事が大切。
目的から、本を読むので必要な情報がインプットされます。
現在、繰り返し身につける訓練中です。
また、知りえた知識を、行動におとす為マインドマップの作成スキルもマスターする事にしました。一年後の、成長した自分が楽しみです。そして産業カウンセラーのスキルを身につける事にしました。4月から、半年間かけて学んでいきます。
株式会社ベルのリーダーとして、自己研鑚します。

【夢】
お客様から、感謝され、称賛される会社。
社会から必要とされ、世の中に役立つ会社。
従業員、パートナー、関わる人が、最幸の生き方、働き方が出来る
日本一の感動企業を創る事です。

つい先日、51歳の誕生日を迎えました。
本当にたくさんの方からお祝いをして頂ける事に、有難い気持ちで一杯に成りました。
ありがとうございました。幸せだなぁと、つくづく感じます。

会社では、誕生日を皆でお祝いするのですが、中心となって企画してくれるのが「イベンティチーム」です。
このチームを中心に本社スタッフ全員で私の誕生日を、当日祝ってくれました。
何と、サプライズダンスです。
逕サ蜒・062_convert_20110124144728
逕サ蜒・068+2_convert_20110124144755

EXILE(エグザエル)ではなく、ベルザエル。
私の顔写真のお面をかぶってダンスを踊って祝ってくれました。

わぉ~びっくり、一生懸命に、踊ってくれました。
私を喜ばせる為に、練習もしてくれていたと思い、本当に嬉しくて幸せな気持ちで一杯になりました。
その後の食事会も最高でした、社員の奥さんが協力して作って頂いた関東炊きです。
逕サ蜒・080_convert_20110124144824

美味しかった、愛情を頂きました、作るのも量が多いので大変だったと思います。
逕サ蜒・093_convert_20110124144852
田口くんが、私に歌を作曲して聞かせてくれました。
最高だよ!!








私の為に、そこまで皆でやってくれる。本当に幸せ者です。
大切な大切な社員に、伝えました。
自分が、今ここに居れる、そして頑張れるのも皆が居てくれるから、心から思っています。
感謝から、感動が生まれ、感動からやる気に繋がる。
学んだ言葉ですが、本当にそうだとこの経験からも確信しました。
この感謝の気持ちを、与えていだたけた大家族(社員も家族も)そして仲間を本当に大切と感じます。そして、大切な事を大切にする生き方をしたいと心から思い益々やる気が出ました。
過去を振り返れば人にお世話になった事ばかり、もうこの世にはいない人もいる。
受けた恩は返せない、今の自分があるのも本当に多くの人にご支援、ご指導、ご厚情を頂いてきたからです。
知っていた事、恩は返せない、恩は送って行くもの、本当にそうだと共感し納得。
他人と、過去は、変えられない。変えられるのは、自分と未来。

人生最後の時、もう一度この人生を歩みたいと思う生き方をしようと改めて決意する。
人生一度きり、自分の人生、全力で、真剣に、精一杯生きないとどうする。

今年も、一年ご支援ご指導、ご鞭撻の程どうぞよろしくお願い致します。



  1. 2011/01/24(月) 14:53:51|
  2. 今日もお元気様です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チャンス

今は、師走のまっ只中に社内報「ありがとう」原稿を書いています。
この「ありがとう」が届く時は、2011年に成っていますね。

振り返ると、2010年のスタートの「ありがとう」の原稿は、何事もない平穏、その尊さに喜びと感謝の気持ちに浸りながら書きました。
「この時代を生き抜くには、物事の捉え方を変え、お客様の要望や要求に柔軟に対応し苦しみや、困難を乗り越え良い結果につなげていく事、そして、苦しい時期を乗り越えるほどに成長すると起こり来る試練は、すべて成長する為神様がくれたもの乗り越えられることしか、与えられません。明るく元気に、生きましょうと書きました。」

早いもので、もう1年が終わろうとしています。
お客様に育てて頂き、親愛なる社員と親愛なる皆さんと共に一生懸命、頑張り確実に成長させて頂いたと感じる
素晴らしい一年でした。

決して恵まれた経済環境では有りませんが、私自身、自立型の考え方で全てをプラスに受信する事により全てが
変わってきていると感じ事が多いです。

自立型とは、悪い事や、予期せぬ出来事が有っても、「そうきたか」と「相手のせいにしない、自分が楽しむ、
自分が変わるしかない、モノの見方、捉え方を変える」事です。

どう考えるかは・・習慣
どう捉えるかは・・考え方

尊敬する、福島正伸さんの仰られている事

全ての人が、恵まれない環境から成功している。

ただ今出来る事を行い、今全ての出来る事を行うことしか有りません。
知恵やアイデアは、100万通り、目的に頼る 手法は無限である。
手法に頼ると、環境に影響を受ける。

苦労して得れるもの、充実感。充実した人生を送ろうとすると、苦労をする事
やるのなら、とことんやる。中途半端ならやらない。
やらされるのではなく、自らやる。

出世するほど、大きな問題がある。その問題を味わいながら、充実を得られる。
出世とは・・大きな困難に挑む そのかっこいい姿を部下に見せる事

人間関係・・ミラー効果 鏡の法則 自分中心で考えると苦しくなる
      他人の成功を考えると、楽しくなる。

プラス受信・・全ての出来事を前向きに考えればチャンスとなり、後ろ向きに考えると
ピンチになる。問題が起きたことが問題ではなく、どう考えたかが、本当の問題である。

人のやる気は、どうすれば教えれるか・・自分が、その勇気を見せれば良い

自立型人材 見本→信頼→支援する

見本・・率先垂範 

信頼・・受け入れる  一生付き合う覚悟があるか、出ないと通じない
    困った奴だと感じたら、人間関係は終わっている。
    感謝から始まる。やったこと、言ったこと、行ったこと

支援・・やる気にさせる   その人にとって最大の問題を解決できるきっかけを作る。
    その人の活躍できる舞台を作る。信じる事、傍にいる事です。

人間は、身近な人ほどわがままになる。だから、家族、職場において、自分を成長させるチャンスがある。

どれだけ、社員さんが幸せを感じるか、仕事に誇りを持つか、売上、シェアーは結果。
その人が、笑顔で人を笑顔にしたら、その人が社会に貢献したことになる。
(ここまで)

凄いでしょ、なかなか上手くいかないですが「上手く出来ないなぁ」と、私もそこからスタートでした。

実践方法は、「しめしめ 、チャンス、 出番か・・プラスの発声をしてから、考える」事

最近は、何か起こるごとに「チャンス」の連呼です。
社内からは、「チャンス」言い過ぎですとか、「チャンス」の安売りとか言われますが。
なかなか、うまくいかないものをやって行くものだから続けられると実感しています。

楽しいとは・・充実感であり、 目標と、苦難がいる 何よりも自発的にやる事です。
簡単に出来るなら、飽きるし、楽しくないでしょ。

やるなら、喜んでやる、いやなら丁寧に謝りやらない。
喜んで、ワクワクしてやる、そしてワクワクする、自分に期待する。
自分に、期待するのです。
不安になる人は、他人に期待します。
置かれている環境は、同じですよ。
 
ぜひ、皆さんもやってみてください。

今日という日を、最高の一日にする。 
今、今日という一日を 一人のお客様に最高に喜んでいただく
今できる最高の事を行う、勘違いでもいい、
すべて、今この瞬間、人生がかかっている。
最高の言葉を言う、かっこいい自分になろう
有難いと思う事しかない、気づくことしかない、成長のチャンス
「チャンス」「チャンス」「チャンス」起こりうる全ての事は、チャンス。

今年も、最幸の一年に成りますように力を合わせ頑張って行きたいと思います。
「しめしめ 、チャンス、 出番か」と、プラスの発声をしてから考え行動しましょう。
出来る人の、考え方です。「脳科学」でも、立証されています。
では、本年も何卒よろしくお願い致します。   


  1. 2010/12/17(金) 17:28:21|
  2. 今日もお元気様です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新年明けましておめでとうございます

2010年が、スタート致しました。
親愛なる皆さまは、どんなお正月をお過ごしでしたでしょうか?
私は、いつも通り平穏に家族とお正月を迎えられました。
何事もない平穏、その尊さに喜びと感謝の気持ちを感じる
思いが年々強くなって参りました。

さて、今年もまだまだ不況が続き景気の2番底が来ると考えています。
不況は、気持ちも沈みがちになり先行きの不安感は大きなものである
ことは間違いありません。
しかし、変わりゆく経済環境の中でも確実に業績を上げ確実に成長する
企業もあります。
心の持ち方、物の見方を変えれば不況もチャンスなのです。
当社も、苦しい時期を乗り越えるほどに成長して来ました。
「あれがあったから、今の会社がある」「今の自分があると」言いきれます。
起こりくる試練は、すべて成長するきっかけを神様がくれたもの
乗り越えられることしか、与えられません。
明るく元気に、生きましょう。
最後に、年賀状や年賀メールをたくさん頂きました。
ありがとうございました。
今年も、出会いとご縁を大切にしていきたいと思います。

皆さまにとって最幸に素敵な一年となりますように!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


  1. 2010/01/23(土) 15:31:24|
  2. 今日もお元気様です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。