スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沖縄教育出版さんの、朝礼に参加してきました。 22/2/24  

ご縁があり今回が、3回目の参加となります。
頂いた資料を見て、いきなりびっくり私が前にも来ていることを知っておられ
お迎えの仕方が、初めての方とは違い「お元気でしたか・・・」また、資料のあいさつ文まで違いがあり、コピーって解っていても嬉しい気持ちになった。
このような小さな心遣いが、非常に心地よいもので自然な感動につながる事を実感。
以前お会いした時に、新人社員さんだったかたがとても素敵に成長されている事を感じ取れ嬉しかった事や、若い社員さんたちが成長されていて人に物事を説明するときに「何のために、これをするのか、その目的や理由、言葉の定義」を、伝えられていたことには、びっくりしました。なかなかできる事ではありません。
社風は、なんとも言えない温かさがありますます良い空気を感じました。
そして、川端社長のお人柄に磨きがかかり、志が大きくなられている事を感じ取れました。
「世界中を、幸せにしたい想いで経営」されている方はやはり「違う」

7:00から、地域のお掃除をされている、当然社内のお掃除もこの時間から強制でもなく
社員が、自主的に早く来て行っているそうだ、
「良い心は、良い行動と良い習慣から生まれる。」
全く、同感である。
問いかけに対し、その質問の内容を確認する。・・確認しあうことが大切
8:00-8:45 早朝勉強会 ご一緒している寺沢さんが講師としてお話しされた。
「なぜ」 「どうしたら」 
から、  「何が大事」 「どうなっていたら良いか?」  
例)ワンちゃんがお父さんに吠える  なぜだろう?
現状把握)犬が、お父さんに吠えるとほかの家族が喜んでいる事がわかった
真因)犬は、みんなが喜ぶから吠えていた。  
改善)犬が、吠えてもみんな無視する事にした 
解決)犬は、お父さんに吠えなくなった  
9:00-10:40 朝礼開始
   ファシリテーターが、司会をしながら進行する
   「ラジオ体操」や「わっしょい体操」「みんなで肩もみ」で、コミュニケーションを
とり楽しく進行していく、新人パートさんからのグッドニュースの発表があった
   新人のパートさんは2ヶ月間みんなの前で体験やグッドニュースの発表を行い人前で話す訓練を行われている
   手話でのあいさつ練習
   今日来社されている人の紹介
   最近の社内活動の報告
   営業報告も、各チームと会社全体、お役立ち件数と金額というように発表される
   連絡事項
   お客様との、感動の話発表
   新製品や、重点販売商品の特徴や、効果効用、販売成功例の発表等
   社長からの話、今回は「満足」と「感動」は違うと話があった
   会社の企業憲章 経営理念 そのほか・・・
盛りだくさんの朝礼だ、
気づきとしては、障がい者の方が、(この呼び方も、良くないといわれていた、「障がい者」、害がない事、同感である当社もそのように理解している。機能の特性である)配送業務を受け持たれているので、一緒に朝礼に参加、一部を担当される。
人への思いやりや優しさ、相手を信頼して「待つ、見守る、」との事の気づきを得る。
相手への気遣いが足らなかったら、その場で川端さんから注意がある。
その場で、しかる事が大切。ここで、注意された人の発した言葉にびっくり「ありがとうございました」、これは気持ちいいし、素直さも感じた。
当社では、同じ事を行うがこれは全くできていない、反対に気まづくなるケースも多々あり、後で川端さんに確認したら。
OJTで注意は、愛の意であるからその場で注意する。
ルールは、必ず「ありがとうございます」を言う事 
後で、いやな雰囲気を作らない。
不完全同志が、相手に愛を与える事
このルールは、当社にも採用すると決めた。
ルールの話では、人間関係には優しく、ルールには厳しく。
遅刻したら、仕事はさせない
一滴でも、酒を飲んで運転したらクビ
「人にやさしく、ルールに厳しく」
厳しくないと、楽しめない
凛としたものを感じた。全く、同感である。当たり前のことを当たり前に行うこと。
明るく楽しい朝礼から、今日一日の活力を得、コミュニケージョン力が図れ、情報の共有と、共育の場にもなり、共通用語、共通認識、共通の価値観、一体感が生まれている。当社の朝礼と、目的も同じだが時間の関係から、業務とアップフロント合同朝礼が、別々にやっている。はたして、この一体感や、温度差を生まないでいるか、考えると新たな課題が見えてきた。
下記、川端社長の講和から自分メモをとりました。
川端社長も、私を良く知ってくださり、話していて価値観の共通している事も実感しています。会話していても、話の内容も全く違和感なく感じました。
ベルのリーダーとして、学んだ事を実践し日本一の会社にします。

川畑社長より 
先が見えない時代
理念は漢語だから誰でもわかる言葉にすると「あこがれ」憧れられる会社づくり
何が大切か  「対話」が大切
自発的に、考え 行動する  一人一人が、命の喜ぶ働き方の生産性を高める
命が喜ぶ仕事しよう。
経営は縦糸と横糸だけど誰でもわかる言葉にすると「おもてなしの心」   
仕組み、システムよりも、会社の文化、土壌、風土 
仕組みやシステムより大切なもの→会社の文化・土壌 本物は、時間をかけて積み上げていくもの
育てるは傲慢→教えない教育 
いくら研修して勉強して知識を得ても、解るとできるは違う。 
念ずれば花開く→念ずるが如く行動すれば花開く。
高野さん(リッツカールトンもと、支配人)からの例 99度は水 100度は蒸気 本気でないと無理 
教えない教育を推奨している。
すべては、心の内が決める事
判断軸は、どこにあるか
理念の浸透は、伝える必要がないかもしれない、例 ABCマート 本当に親切、丁寧
レストランの予約もやってくれたり、写真を撮ってくれたり エンパーメント 
お迎え 3 見送り 7 最近は、一階まで見送りを行っている
知識は、理解 
自ら体験しないと、気づかない  泳ぐ事を、DVD観ても泳ぐは解らない
行動し、体験する
知識も力
沖縄の中小企業同友会で、勉強会を立ち上げた・・経営者と3人ぐらいの社員が共に学ぶ
知情意 バランス 
ここ10年ぐらいで、変わりだした。
人材育成とは、こころを育てる事…気に例えると、根っ子が、心  目に見えないものが
成長する事は、悪い習慣を良い習慣にかえる事
5:30  から、勉強しているものもある
6:30 から7:00に、社長出社
7:00~8:00 お掃除
8:00~8:45 勉強会
9:00~ 朝礼
理念経営 学んで問い続ける事
理念経営は、世界の平和 
日本は、食を11兆捨ててる、アメリカは、4兆
自愛の種を、まき続ける事、損か得ではなく、良い社会を作って行こう
人間の喜びは、人を助ける事がもっとも幸せ 命が喜ぶ
嫉妬の反対、感謝
人の教育・・、待ちなさい・・相手を信じ、信頼し待つ
1:3:9 幹部 管理 現場
社長は会議に出ない、自分が決めてしまうから
毎週1回/金曜の日報に
ピピットカード、127文字内に毎日提出 考える習慣を  ヒントがある
成長支援シート・・・○ × 出来るかやるか
物の見方、鳥の目(マクロ) 虫の目(ミクロ) 魚の目(潮の満ち引き)が大切
波動経営 王道経営  沖縄教育出版は、和道経営を行っている。 サークル 輪の組織  労使関係は対等
採用。結婚も一回では、決められない 採用も、一緒   
安定のあるところで働きたい人は、お金の為に働く人、一緒に働き、ミッションを共有できる人を採用する。
インターン生には、改善点等パワポで発表してもらう。多くの気づきがある。
川端社長は、過去腎臓がん東京の病院で手術その時に、気づいた、逆境がひとを育てると。
人生の座標塾は、 未熟から成長しているか  挑戦しなくなったら、失敗
今日までの、奇跡は以下を注意してきた。
1. 命は、毎日不完全 時間や過去は返れない 先も返れない 今を全力で結果が変わる
2. 人を採用して、人を育てる   ダライラマ 目先よりも、長期  未来志向
沖縄の強みを仕事にしていく
3. 卸は、やらない
4. 工場を持たないメーカー 強みの発揮 製造の一流と付き合う
5. 商品は、命  商品開発
6. 鬼沢さんに、リーダーシップ研修
デザインも・・・ 一流と仕事する 一流に学び、一流になって行く
サプライズは、作るものではなく滲み出てくるもの、芸術  一体感のある組織は美しい
経営品質 仕組みとシステム
念とはとは唯ひたすら心をここに!
身も心も全てを今ここに! 知行合一、身心一致
気づきは教えられない。 気づくこと。
失敗の中からしか気付きはない。 知識も力でだが、行動することで気づきとなる。
まるまる貯め込んだ知識は腐るとたちが悪いな~、評論家みたになったら経営者じゃないな・・・。
社長と社員が一緒に学ぶ
経営者だけ学べば温度差が出てくるので一緒に学ぶ。
理念のできている人を採用すれば、理念を浸透させる必要はない。
教えない教育 自分で考えなさいということ。
結局はどういう人を採用していますか?
現象ではない、心の内をどう決めるか。
判断基準が何処にあるか?
お互い不完全だという事をわきまえる。
全て心の内にある。
採用に勝る教育なし。
経済とはみんなが仲良く御飯が食べられる仕組み。
もっと大人が大きな目当てで生きていく人達が増えればいい社会になる。
心身に障害があっても仕事には障害はない。
人材育成とは心を育てること。
自愛の種をまく どんな人も尊重する。
良い社会をつくっていこう。 
大きく出るが 良い社会をつくっていこう。
命が最も喜ぶ 人の本質は、人を助ける事を最高の喜びとする。
嫉妬の社会 嫉妬であふれている 反対語は 感謝
チームワークは掛け算 チームワークが一番の自己啓発
未熟から成長の軸 これでいい。 
不完全の自分に自信を持つ。
逆境ほど人を育てる、未来は取り越し苦労。
今日一日を最高の一日にしようの連続。
部分最適よりは全体最適 短期よりも長期
仕事は祭り、総合芸術である。魂が入っている。 美しいもの。
チームワークが大切。
髪の毛も落ちたら汚い。 唾も吐けば汚い。まとまっているから美しい。
人もまとまっていたら美しい。
チークワークは美しい。
総合芸術である。 チームワーク
魂が入っている。 美しいもの。
良い行動や習慣から、良い心が育ってくる
結い精神・・・良いことを他人に回せば、またかえってくる
言葉の意味と、行動の目的を伝える事
息を吸って人は死ぬ、だから息を引き取られましたという


スポンサーサイト
  1. 2010/03/04(木) 10:58:03|
  2. 交友・社会活動・異業種交流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「商いの原点」タビオ株式会社 代表取締役会長 越智 直正様にご講演をいただきました。

私が相談役を務める、東大阪青年経営研究会の2月例会でのご講演でした。
飾らない言葉と、本気の生き様、そして我々に心構えを魂を込めてお話していただきました。
冒頭から、「物を飛ばすかも知れんぞ・・・心しいやぁ」と、そして「若いから立って話すと」言われ
2時間以上もそのままお話しいただ来ました。

(私用のメモから)

中小企業の経営者なら、景気なんか関係ない、やりたいことをやっているやろ。
もともと、潜水艦のようにもぐっている会社やねんから、身の程を知ることや。。
中小企業の経営者は、前しか見れんやろ。
後ろを見て、考えることなど頭良くなければ考えられんから
頭の悪い中小企業の社長は、前向きにしか考えられんやろボンクラやねんやから・・

問題とはなぁ、解決できることしか起こらないやで。
問題は、自分で起こしているんや。
自分が起こした問題しか起きてないんやで
相談事も、その人しか解決できるものしか起きない。
人生における問題は、解決出来る事しか起きない。
どうにもならないものを、受け入れる勇気を

経営・・経営は、生き様や
知識、技量は、思わなかったら行動に起こさない。
思うたら出来る。

やる時は、あきらめが肝心。

経常利益は、1割2割を出すのは難しいが、それぐらい出せんかったら、恥やで

人生や経営は、そんなに難しいのか

兵法
へいほう・・・自分とこの社員を頼る
ひょうほう・・一人づつ戦う

兵法で、いかなあかんで

自分を馬鹿にするやつが、一番馬鹿な奴

相手の事を、真剣に考える。

無知とは、自分のことを無知と解ってないことをいう、自分のことを無知と知っていたら無知ではない。

道具の研究する前に、夢を語っていたら、出来る人がやってくれる。

日本の山で一番は富士山、次は北岳だと知っている人は特殊な人。
一番は名前は通るが、2番はほとんどの人は知らん。
一番と、2番は全く違うやんやで。
だから我々は、世界一を目指さないとならない。

日本にいて、日本一やっても世界一が来たら二番になる。
出来るから、中小企業の社長をしているやろ、自信を持ちなさい。
中小企業経営者は、自分の会社を一番知っているやろ

良い会社の、ルーツはすべて関西。
3つの勉強 
才覚、全治前例をぶちこめ
算用 商品 
始末 けじめをつける 明日に持ち込まない

あほは、銭もうけが上手  賢いひとは、もうけん

景気が悪いとか、良いとか言わん方が良い。

命の足音、心臓の音、墓場に向かっている
60に、なったら理想とか、夢を共有する

微妙とわかる人間は、日本人だけ
日本人は、自信を持て
気合いを入れて、物を作れ
経営とは、商品、自分とこの商品以外に研究することはあるか、 売れなかったら元も子もない。
誠心誠意の商品を作っていたら良い。

イギリスやフランスは、子供はおこずかいを持ってない。
豊かな日本に生まれて、五体満足なら精一杯使え。
問題があるから、経営は面白い。

昭和枯れすすき。。。「力の限り生きたから」 

志を立てる。 理想と志を、共有して行くのは社員。
人の、使いかた等勉強する必要なし

・・・・・(ここまで)

いかがですか、信念を持って生きてきた経営者の話は腹に響きました。
ほかにも、この言葉はしびれましたね。
「わしは、燃え尽きるんや、命の限り活きるから燃え尽きて最後は焼かれても煙も出んぞ・・・見ときやぁ」
でした。

私も、やりますよ。。
志を貫き、会社の事業活動を通じ「関わる、すべての人を幸せにする」
必ず結果を出し、生きざまを語れる人生を歩み限りある命を燃やし切ります。




  1. 2010/03/02(火) 17:10:57|
  2. 交友・社会活動・異業種交流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

抱きしめて送る死の文化  柴田 久美子さんの活動を応援します。

私は、普段から会社の存在価値は「皆が、幸せになる事」とお伝えしております。

一人ひとりが、幸せを実感できることが大切ですね。
そんな、社会や人づくりをするのが会社です。

人は、幸せになる為に生まれてきてますが
人生は、一度きり 生かされている事に感謝し大切に生きないとね。

当社の人づくり像は、
 〝役に立つ人〞 〝よく気のつく人〞 〝気配りが出来る人〞です。

人間性という面からは、
  〝誠実な人〞 〝志を持つ人〞 〝自己責任を持てる人〞

重要視する点は、
  〝熱意〞 〝積極性〞〝勇気〞〝挑戦〞 〝たくましさ〞〝優しさ(愛)〞です。

月刊「致知」に書かれいて、心に響いたある住職の言葉

「人間の究極の幸せは4つある。
 愛されること。
 人に褒められること。
 人の役に立つこと。
 人に必要とされることである。
 そして、愛されること以外の3つは、
 社会に出て働いてこそ得られるもの」と。

人を幸せにする事を、当たり前にされている尊敬する一人が柴田久美子さんです。

以前、柴田久美子さんの講演を拝聴する機会がありました。
拝聴するにつれ、言葉に表せないほど心が震え、自分の死生観が根本的に覆りました。
それから、ご縁を頂き東大阪でもご講演して頂いたりしております。

最も、大切な命について、そして誰もが迎える「死」
最近、映画で「おくりびと」が有名になりましたが、おくる人も、いつかわ送られるひとになる。
「死」そのものの、尊さや人間の尊厳とは何かを、我々は、理解してなさすぎでは無いでしょうか・・・?

柴田久美子さんは、抱きしめて看取る死の文化をお伝えする為に小冊子を作られました。
すでに私は、全社員と関係する方へお配りいたしましたが、他に少しでもお役に立いないかと考え
プログで、ご案内させて頂く事にしました。

はじめから、一部抜粋してお伝えすると

人間は両親から「身体、良い心、魂」を頂いて生まれてくる。
そして、この世を旅立つとき、身体は朽ち、良い心と魂は縁のある人に「生きる力」として渡されていく。
これが「命のバトン」であり、その受け渡しこそが人としての最大の使命と、幸齢者様は死をもって私に教えて下さる。
この大切な命の秘密を一人でも多くの人にお伝えしたい・・・・・・       柴田久美子

読まれた方は、心が震え涙するでしょう。
そして、大切な事に必ず気付くと信じてます。
柴田久美子手紙
申し込み用紙
紹介
3




































  1. 2009/04/27(月) 18:01:02|
  2. 交友・社会活動・異業種交流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当社にベンチマーキング(APRAの例会)

APRA関西の仲間が、当社にお越しいただきました。
感動の連鎖で、日本中が「ハッピー」に成れば・・・と活動している
同志の集まりでした。
準備から、当日のおもてなしを行った社員は立派でした。感心、そして感謝

APRA関西地区 代表の赤松泰樹から、メールを頂きました。

(ここから)

赤松泰樹です。


7月5日、APRA関西第3回例会にて、株式会社ベル様には本当にお世話になりまして、ありがとうございました。

また、参加されました皆様、お忙しい中、丸半日以上お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

参加されました皆様は、ベル様から多くの学びと決意を持って帰られたことと思います。

と言うことは、最早実行されていることでしょうね!!

なお当日の様子は、私のブログを見ていただければ幸いです。
http://plaza.rakuten.co.jp/akamachan2004/diary/200707060000/

(ここまで)

APRA(エープラ)とは
アジア太平洋ルネッサンス協会(APRA)とは、「共生文明」の創造に貢献する事業家交流を通じ、「世界に100人の心友(ソウルメイト)をつくろう!」を旗印に「人本主義による感動経営」を広めることを目的にアジア太平洋地域の日本・台湾で約150名の経営者で組織された非営利団体です。そして現在、中国・韓国にも組織を設立する準備を進めております。
「そこまでやるか」の「感動企業」による1000社の自立連帯ネットワークを目指しています。
“天使の仕事で天下を獲る”を合言葉に、 日本中が感動企業で溢れる「ハッピー」な街創りを目指しています。

http://www.apra.jp/

少しでも、皆様のお役に立てればと思いから全力で全てを出し切りました。
今週は、お中元のご挨拶周りで滑走しております。




...read more
  1. 2007/07/11(水) 20:23:47|
  2. 交友・社会活動・異業種交流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

株式会社りゅうせきエネプロ -寄港式-

第5期 経営方針発表会 -寄港式-に参加させていただきました。
DSC00375.jpg


社長の稲嶺有晃さんとは、(株)ハイネット・コンサルティング 臥龍(角田 識之)先生が開催されている
第38期企業進化講座を受講し、昨年の4月に無事修了した同志です。
そのときに、魂を込めて作り上げられた経営羅針盤に基づく方針発表会でした。
「経営スローガン」みつばち型の最先端のローテク企業への展開と打ち出されていました。

第1部は、㈱沖縄教育出版 川畑 保夫社長の基調講演でした。「人間尊重の経営」 講演を拝聴するのは二度目ですが、 回を重ねるごとに気づきをいただきました。DSC00371.jpg


第2部から、経営方針発表会が始まりまず開会の挨拶 武田常務様から取り巻く環境の説明がありプロパンガスの市場は飽和状態で
ある事、沖縄の新築の40%が、オール電化である事などのお話があり楽観し出来ない環境で、りゅうせきエネプロが一丸となり進んでいく大切さを
力強くお話になられていました。 さすが、パワーがありしかも明るく、解りやすい
そして、稲嶺社長から方針発表だったのですがここでサプライズです。
稲嶺さんらしい、お人柄が伝わるサプライズ、社員さんとパートさん全員に「○○一番」というように一人ひとりの特徴、
良いところを言葉に変え、たとえば「愛情たっぷり一番の○○さん」というように、命名されていた。
おまけに、計画書の表紙にここの命名と顔写真そして社長の写真と体の部分が絵になっていて硬い握手をされている。
一人ひとりの、個性を認め大切にされている事を感じ取られた。
全社の人間関係の良さ、まとまりを会場の雰囲気から伝わってきました。 この会社は、やるぞぉ-
お客様との感動のストーリーの発表もあり、あ客様とりゅうせきエネプロとの深い絆と心打つお話があり
それぞれの部署長から、発表があり 最後の各部署決意表明では手作りの決意表明書を手に演出つきで、明るく楽しく力のこもった発表をされていました。 DSC00386.jpg
DSC00390.jpg




第3部の懇親会では、和気あいあいとした雰囲気の中で社員やチーム報奨、経営幹部がドーナツ早食い競争を
行なうゲームなどとても楽しい時間でした。

確実に、稲嶺社長の描いている会社に進化されている事を感じ良い社風が出来、業績目標も確実に達成されると確信しました。
最後になりましたが、ホスピタリティーあふれるおもてなしをいただけた事心より感謝いたします。ありがとうございました。




  1. 2007/04/10(火) 14:14:31|
  2. 交友・社会活動・異業種交流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。